【カラカスAFP=時事】米フェイスブックは27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の偽情報をめぐる同社の規則に繰り返し違反したとして、ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領のページを30日間「凍結」すると発表した。(写真はテレビ演説に臨むベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領。大統領府提供)
 フェイスブックの広報担当者は、マドゥロ氏のページは引き続き閲覧可能だが、新規投稿ができないと説明。また、同ページから1本の動画を削除したことも明らかにした。この動画でマドゥロ氏は、「カルバティビル」という薬の服用を奨励し、舌下に数滴垂らせば副作用もなく「奇跡的に」治癒すると述べている。
 同氏はこれまでにも、医学的証拠のない療法を提唱し、カルバティビルに関する動画を非難したとしてフェイスブックなどのソーシャルメディアに反発していた。
 フェイスブックはコロナ関連の誤情報を拡散させたとの批判を受けており、誤情報対策を強化していると述べている。
 パンデミック(世界的な大流行)が始まって以降、同社の自動システムがCOVID-19やワクチンの誤情報とみなして削除した投稿は1200万件を超えるという。【翻訳編集AFPBBNews】

〔AFP=時事〕(2021/03/30-13:23)

情報提供元 :
記事名:「 フェイスブック、コロナ偽情報でベネズエラ大統領のページ凍結