YouTubeの広告収入が話題となり、毎月新たなYouTuberが生まれています。

とはいえ、「今から副業として取り組もうとすれば、かなり厳しいのでは」と思う方も多いですよね。

「YouTubeで月収5万はどれくらいで達成できる?」

「一例や目安を知ってから取り組んでみたい」

YouTubeを新たに始めようと思った方は、上記のような疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。

そこで実際にYouTubeで副収入を得ている筆者が、「YouTubeで月収5万円を超えるまでに要した期間と行った施策」についてまとめました。

【収益例を公開】YouTubeで1000人到達したら実際どのくらい稼げるのか?

YouTubeで月収5万円を超えるまでに要した期間

実際に筆者はとあるYouTubeチャンネルを運営しており、およそ1年をかけて収益化に成功しました。

しかし知り合いで同じくYouTubeチャンネルを開設した方は、その半分以下で収益化を行っています。

そして月収5万円は継続していれば、そこまで難しくないような印象を受けました。

筆者の場合、開設から1年を経て収益化に成功しました。

その4か月後に月収5万円を突破しています。

つまり開設から1年4か月後に、月収5万円を超えた計算です。

つまり、1年間は無報酬で毎日の更新を続けていました。

なかなか無報酬で毎日更新し続けるのは、至難の業かもしれません。

しかし筆者の友人は、なんと週3~4更新を半年行い収益化に成功しています。

さらにその2か月後に5万円を突破。

およそ7か月で副収入が5万円を突破したのです。

YouTubeで月収5万円を超えるまで

1番難しいのは収益化ラインに到達させること

上記の解説でもわかるように、収益化が始まるまでのラインに難しさがあります

その間は一切報酬がもらえず、登録者も「1日数人増えれば御の字」という状態をくぐり抜けなければなりません。

しかしその後はわりと早い段階で、月収5万円のラインに到達しました。

この動きは筆者だけではなく、筆者の友人も含めて同じ流れです。

母数としては少ないものの、一定の取組みがあれば似たような成長曲線を実現できるかと思います。

実際のところジャンル次第で伸びが変わる

筆者はVlog(Video blog)を中心とした、「わりと誰でもやっているようなジャンル」です。

その代わりネタが尽きないので、毎日気楽に続けられます。

友人はASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)を中心としたチャンネルを運営しており、全くジャンルが異なっていました。

しかしASMRは検索されやすく、そもそも需要が高いジャンルです。

とくにその中でも睡眠を意識して作られていたため、夜に視聴回数が伸びていました。

筆者のネタは検索がそもそもされにくく、収益化ラインに到達するまで非常に苦労しています。

しっかり伸びるジャンルを決められれば、今でも早い段階で収益化は可能です。

ただ伸びないジャンルであっても、筆者のように打ち込み続けられるなら確実にファンは付きます。

睡眠系ASMR

収益化ラインを突破したら長い動画がおすすめ

実は筆者と友人で比べると、再生数当たりの単価が違います。

収益化ラインを突破したころはお互い「1再生当たり0.25円」が平均でした。

今では筆者が0.36円を記録しており、単価が高まっています。

理由は

8分以上の動画を作ること

です。

実は8分以上の動画を作ると、中間地点に再度広告を差し込めるようになっています。

友人は睡眠を意識したASMRのため、中間地点に広告を差し込みたくない理由で単価が下がっている状態です。

もちろん最初から長い動画を作れるなら、問題はありません。

しかし全くの未経験から始めるなら、最初は動画づくりに慣れるのが先決。

時間は気にしないほうが良いでしょう。

YouTubeを副業とする際の注意点

実際に同時期でスタートした方は、ほぼ脱落していきました。

いずれも収益化ラインにさえ到達していません

そのためできる限り継続できるように意識して、数字が伸びたら何が良かったのか取り入れていくのがおすすめです。

もちろんどんなに頑張っても、なかなか数字が伸びない方もいらっしゃいます。

その場合はジャンルを変えてみると良いかもしれません。

筆者のようにジャンルを頑なに変えず、挑み続けるなら更新頻度を高めると良いでしょう。

一度収益化のラインを突破すると、かなり数字は伸びやすくなります

副業として取り組むなら、まずは地道に続けられるものから取り組んでみてください。

ユーチューバー

YouTubeで月収5万円を突破させるなら1年以上は見ておきたい

最初から副収入目的ではなく、動画編集の技術を身につけるといった目的で始めるのも良いでしょう。

収入目的になると1年間タダ働きはなかなかしんどいので、趣味という範疇で続けられるのがベストです。(執筆者:副業スペシャリスト 奥泉 望)

「楽天ポイントせどり」で月収10万円を目指す 利益率最大16%のSPUを最大限に活かす方法

【副業】小説を書いて収入を得る マネタイズ可能な「4つの小説投稿サイト」紹介と注意点

「物置シェア」のオーナーとして稼ぐ副業 自宅の空きスペースを有効活用

情報提供元 : マネーの達人
記事名:「 YouTubeで「月収5万円」を超えるまでに要した期間、収益化の分岐点、現在の単価