TOKYO, Feb 18, 2021 - (JCN Newswire) - 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、製造業などの作業現場における一連の作業映像から、「部品を取る」「ねじを締める」「カバーを取り付ける」など個別の要素作業を自動検出する技術を開発しました。

従来、工場などの作業現場では、作業員が作業している様子を撮影し、その映像から各要素作業における問題点の洗い出しと改善を行い、生産性や品質の向上を図っていますが、映像から各要素作業にかかる時間を取得するために、手作業で各要素作業の区間を分割する必要があり、実際の映像時間に対して数倍から数十倍の工数がかかることが課題となっていました。

今回、映像から人の動きを検出する技術を拡張し、1人が行った1回分の作業映像と、その中の要素作業ごとに分割されたデータを教師データとして、毎回の動きのばらつきや作業員ごとの動きの違いを考慮したAIモデルを構築し、そのモデルを用いて同一作業を撮影した別の映像に対しても最適な要素作業を自動検出できる技術を開発しました。本技術をネットワークプロダクトの製造を担う富士通アイ・ネットワークシステムズ株式会社(注2)の山梨工場(所在地:山梨県南アルプス市)での作業分析に適用したところ、90%の精度で要素作業の検出が可能となり、作業分析の効率化に活用できることを確認しました。

当社は今後も、本技術を通じて、様々な現場における作業の効率化に向けたカイゼン活動や技能伝承の推進に貢献していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2021/02/18-1.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。


Copyright 2021 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com

情報提供元:JCN Newswire
記事名:「富士通研究所、1つの教師データをもとに映像中の要素作業を自動検出する技術を開発