日医工<4541>は急落。前日に第1四半期決算を発表、コア営業利益は7.3億円で前年同期比61.2%の大幅減益となっている。据え置きの通期予想は75億円で前期比6.5%減益であり、想定以上の低調な滑り出しと捉えられている。2度の薬価改定による薬価引き下げ、新型コロナ感染拡大の影響などが響いた。Sagentグループに関しても、新型コロナウイルス関連製品の売上伸長はあったが、引き続き赤字が残る形になっている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「日医工---急落、薬価引き下げの影響などが響き第1四半期大幅減益に