NY外為市場ではポンド買いが優勢となった。英国の8月消費者物価指数は前年比+3.2%と、伸びが予想を上回り、2012年以降9年ぶり最大を記録。このため、高インフレへの警戒感が強まった。

ポンド・ドルは1.3813ドルから1.3854ドルまで上昇。ポンド円は150円83銭の安値から151円17銭まで上昇した。ユーロ・ポンドは0.8558ポンドから0.8529ポンドまで下落した。

<KY>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 NY外為:ポンド上昇、英インフレ9年ぶり高水準