12日の日経平均は反落した。ローソク足は下ヒゲのない「陰の大引け坊主」で終了し、終値は下向きの5日線を下回って短期的な売り圧力の強さを窺わせた。一方、上向きの25日線を下回る場面はなく、25日線が下値支持線として作用した格好。一目均衡表では3月29日を起点に横ばいだった基準線がわずかに上昇したが、転換線は横ばいを続けてもみ合い延長を示唆している。
<FA>

情報提供元 : FISCO
記事名:「 日経平均テクニカル:反落、「陰の大引け坊主」も25日線上キープ