13日午後の東京市場でドル・円は失速し、106円70銭を下回る水準に下げた。15時に発表されたドイツのインフレ指数の底堅い内容を受け、ユーロがドルや円に対して買われた。一方、日経平均株価は前日比400円超高で取引を終え、円売りがドルを下支えしているもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円60銭から106円92銭、ユーロ・円は125円92銭から126円17銭、ユーロ・ドルは1.1782ドルから1.1827ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は失速、ユーロに動意