NY外為市場では7月ISM非製造業指数が予想外に改善したため債券利回りの上昇に伴いドル買いが再燃した。ドル・円は105円32銭の安値から105円60銭まで戻した。ユーロ・ドルは1.1905ドルの高値から1.1873ドルまで反落。ポンド・ドルは1.3162ドルの高値から1.3125ドルまで反落した。

ユーロ・円は125円20銭付近から125円51銭まで上昇した。

ダウ平均株価は361ドル高。米10年債利回りは0.53%から0.55%まで上昇した。

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY外為:ドル買い再燃、米債利回りは一段と上昇