5日の日経平均は3日ぶりに反落した。ザラ場高値と安値がともに前日水準を下回ったほか、一目均衡表の転換線が下降し、下落圧力を残すチャート形状だった。しかし、ローソク足は下ヒゲを伴う3本連続の陽線で終了。終値は25日線上をキープし、5日線も上向きに転換して上昇圧力の回復も窺わせた。パラボリックの陽転値が本日終値の110.90円上の22625.75円まで低下しており、買いサイン点灯開始が接近している点に留意したい。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:3日ぶり反落、下落圧力残るも25日線上キープ