5日午後の東京市場でドル・円は105円50銭台と、安値圏ながら底堅い値動き。全般的にドル売りの流れが続き、対円でも下押しされやすい。ただ、主要通貨が対ドルで堅調地合いを維持し対円でも下げづらいため、ドル・円は方向感が出にくいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円51銭から105円80銭、ユーロ・円は124円63銭から124円83銭、ユーロ・ドルは1.1793ドルから1.1821ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は底堅い、ドル売り基調は継続