3月安値をボトムに緩やかなリバウンド基調が継続しているが、足元では25日線を割り込み、支持線として意識されていた75日線を下回っている。ただし、直近ボトム水準で下ヒゲを残してのリバウンドから75日線を捉えてきている。一目均衡表では雲下限からのリバウンドで雲上限に接近。遅行スパンは実線を上放れつつあり、シグナル好転が期待される。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「三協フロンテ---シグナル好転が期待される