個別指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(代表取締役社長:山下 一仁、本社:東京都新宿区)が提供するオンライン日本語学習教材「Japany Language」が、5月1日に日本語学校を運営する、日立さくら日本語学校様(理事長:加藤 仁郎様、所在地:茨城県日立市)に導入されました。

 日立さくら日本語学校様は、新型コロナウイルスの影響により入国ができない留学生へ、日本語オンライン学習教材「Japany Language」を導入されました。入国前にオンライン学習で日本語を学ぶことにより、入国後の日本語学習をよりスムーズにスタートできるようにサポートされています。
 「Japany Language」には、オンライン学習機能だけではなく、学習管理機能もあり、管理者が学習の進捗状況を管理することが可能です。また、学習者とのコミュニケーションツール(メッセージ機能、お知らせ機能)としても活用することができ、日立さくら日本語学校様は、入国前の留学生のモチベーション管理も行っています。

日立さくら日本語学校 教務担当 野澤 眞貴様より
 明光ネットワークジャパンのスタッフの方が、こちらの要望にも柔軟、かつ丁寧に対応してくださるので、信頼して利用しています。私たち教員は動画コンテンツ作成に時間を取られない分、学生一人一人をきめ細かくサポートする時間が持てて助かっています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216108&id=bodyimage1


 オンライン日本語学習教材「Japany Language」は、オンライン上で日本語教師の授業動画と教科書をスマートフォン・タブレットで視聴・閲覧することが可能です。
 生活に関する日本語、ビジネス日本語、日本語検定試験対策など、500動画を超えるコンテンツをご用意。グループレッスン機能もあり、システム上でのライブ授業や学習カウンセリングの提供も可能です。
 また、管理者機能からは、学習者の学習履歴の一括管理と、単元ごとのテストでの各単元習熟度の確認もできます。さらに、管理者より学習者への、お知らせやメッセージの配信も可能です。
紹介サイトhttp://mnjapany.jp/



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216108&id=bodyimage2



配信元企業:株式会社明光ネットワークジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「日立さくら日本語学校様が、入国前の日本語学習教材として、オンライン日本語学習教材「Japany Language」を導入~オンライン学習の導入により、留学生の日本語学習教育を充実~