医療技術企業のAiVFは、世界初の運用可能なAIプラットフォームにより、一連の不妊治療プロセスに変革をもたらす態勢にある

イスラエル・テルアビブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界初の完全に運用可能なAIベース体外受精(IVF)ソフトウエアプラットフォームの開発元であるAiVF®は、ニューヨークを拠点とするベンチャーキャピタルでプライベート・エクイティ・ファンドのインサイト・パートナーズが主導し、アダム・ニューマン氏のファミリーオフィスである166 2nd が参加するシリーズAラウンドで、2500万ドルを調達したと発表しました。



AiVFはこの資金を使用し、当社のAIプラットフォームであるEMA™の米国および欧州での採用を促進し、当社労働力を拡大し、追加的なソリューションを開発することで、新世代のデジタル不妊治療を推進していきます。


インサイト・パートナーズのマネジングディレクターであるジェフ・ホリング氏は、次のように述べています。「AiVFの起業家精神と技術力のおかげで、子供を持つという夢の達成可能性が多くの人にとって高まりました。当社は、AiVFの専門家によるリーダーシップ、企業戦略を強く支持しており、不妊治療におけるこの飛躍的な前進の一翼を担うことができ、大変うれしく思っています。」


EMAプラットフォームは、家族形成のために生殖補助技術を求める個人に対し、最適化された一連の体外受精プロセスをエンドツーエンドで提供します。AiVFが開発した高度な機械学習/コンピュータービジョンアルゴリズムは、妊娠までの時間を短縮し、体外受精の予測可能性と成功率を高める潜在力があります。


欧州と米国の有力な体外受精クリニックで実施された臨床研究の結果、EMAプラットフォームはクリニックで胚培養士が行うよりも50倍速く、48%正確であることが示されました。3年にわたる広範な研究開発の結果、本プラットフォームは現時点で欧州とアジアで運用されています。AiVFは、不妊治療クリニックが体外受精の改善を実現するための第2世代体外受精技術の採用を追求する中、本プラットフォームの急速な普及を期待しています。


AiVFの共同設立者、最高経営責任者(CEO)で臨床胚培養士のダニエラ・ギルボアは、次のように述べています。「当社の構想は、家族を持つという人々の夢を実現できるように支援することです。当社は、次世代の不妊治療を推進するために、革新的な製品を市場に投入すると同時に再生医療の科学技術を強化しています。」


43年前に体外受精で子どもが最初に生まれて以来、不妊治療の進歩は何百万人もの子どもをこの世に生み出してきました。しかし、この技術はコストが高く旧態依然であり、急増する需要に追い付いていないのが現状です。21世紀末までには、世界の体外受精児の数が10億人以上に達する可能性があると推定されています。


AiVFの共同設立者、最高医療責任者(CMO)で国際的に著名な体外受精専門家のダニエル・シードマン教授は、次のように付け加えています。「当社は現在、データを活用することで、専門的な訓練を受けた臨床医の力を高め、効率を上げて、新しいレベルの不妊治療をすべての人々に提供することができます。」


AiVFについて


AiVFは、不妊治療のインテリジェンスでクリニックに力を与える医療技術企業です。当社の主力商品は、体外受精における患者ケアのためのデータ駆使型で自動化・標準化されたプロセスを促進することに役立つAIソフトウエアプラットフォームです。当社は世界中の有力クリニックと提携し、生殖医療における研究と革新を推進しています。AiVFは、いずれも生殖医療の専門家であるダニエラ・ギルボアとダニエル・シードマン教授によって2018年に設立され、イスラエルのテルアビブに本社を構えています。


詳細情報については、フェイスブックインスタグラムリンクトインツイッターで当社をフォローいただくか、AiVF.coをご覧ください。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts


AiVF Media:
Courtland Long

The Bliss Group

(646) 585-9741

clong@TheBlissGrp.com

情報提供元 :
記事名:「 AiVF、インサイト・パートナーズ主導のシリーズAラウンドで2500万ドルを調達し、親になれる人々が増えるよう支援