ヒルストーン・セキュリティー・マネジメント・プラットフォーム(HSM) 5.0を基盤とするHillstone SD-WANソリューションは、一元的な自動化およびオーケストレーションという制御および利便性により、アプリケーションとネットワークのパフォーマンスを実現


米カリフォルニア州サンタクララ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インフラ保護ソリューションを提供する一流企業のヒルストーン・ネットワークスは本日、ヒルストーン・セキュリティー・マネジメント・プラットフォーム(HSM) 5.0リリースの一部として、ソフトウエアディファインド広域ネットワーク(SD-WAN)ソリューションの専用バージョンをリリースしました。ヒルストーンのスタンドアロン型SD-WANソリューションは、さらなる帯域幅の拡大に加え、ネットワークの可用性と品質要件の改善を求めるニーズの高まりに対応することで、遅延の影響を受けやすいアプリケーションへの対応を向上させ、今日のハイブリッドワークフォースが生産性を維持するために必要なセキュアなネットワークインフラを確保できるようにします。


現在進行中の世界的流行病によって加速するクラウド化の急速な流れ、質の高いユーザー体験を求めて一層のハイブリッド性とモバイル性を増している労働力、さらにはエッジコンピューティングが、セキュアなSD-WANソリューションの主たる推進要因となっています。ヒルストーンは、下記の先進的なSD-WAN機能を提供します。



  • 先進的なオーバーレイオートメーションとゼロタッチプロビジョニングによる簡素化されたオーケストレーションにより、事前に設定した上で現場配備のデバイスプロビジョニングが実現し、特に大規模な導入事例において、設定のオーバーヘッドを大幅に削減し、サービスの提供を早め、信頼性を向上させる。


  • ダイナミックヘルスモニタリングにより世界規模で統合的にネットワークを可視化することで、WebUI、電子メール、ソーシャルアプリを通じてリアルタイムにアラームを提供するだけでなく、さらなるトラブルシューティングや最適化のために拡大したデータや統計情報を提供する。


  • インテリジェントルーティングとコンテンツアウェアネスによるアプリケーションパフォーマンスの最適化により、(複数の)アプリ、サービス、適用ポリシーに基づいてトラフィックをインテリジェントにさばくことで、アプリのパフォーマンスを向上させて最適化し、最適なユーザー体験を確保する。


ヒルストーン・ネットワークスの共同創設者で最高技術責任者(CTO)のティム・リウは、次のように述べています。「今日の組織は依然として、サイバー攻撃の可能性の高まりを背景に、ハイブリッドワークフォースのサポートとセキュリティーのバランスを取る方法をめぐって奮闘しています。私たちは、今日のビジネスニーズや市場動向によって引き起こされた極めて重要な弱点に対処し、ITチームが確実かつ効率的にそのネットワークとアプリケーションのセキュリティーを確保しながら、エンドユーザーに優れた体験を提供できるように、セキュリティーを完全統合したHillstone SD-WANソリューションを設計しました。」


ヒルストーン・ネットワークスについて


実績のあるヒルストーン・ネットワークスのインフラ保護ソリューションは、企業やサービスプロバイダーに対して、多層・多段階のサイバー脅威を包括的に把握し、徹底的に理解するとともに、これらに迅速に対処するための可視性とインテリジェンスを提供します。有力なアナリストから高い評価を受け、世界的企業から信頼されているヒルストーンは、総所有コストを改善しながら、エッジからクラウドまでを保護します。詳細についてはwww.hillstonenet.comをご覧ください。


本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts


Hillstone Networks

Zeyao Hu, Marketing Manager

inquiry@hillstonenet.com

情報提供元 :
記事名:「 ヒルストーン・ネットワークスが新しいスタンドアロン型SD-WANソリューションを発表