ニューヨーク & ロンドン & 香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ジェフリーズは本日、2021年2月26日金曜日に「善いことをする」グローバル・トレーディング・デーを開催し、多様性と包摂の推進、COVID-19救援活動の支援、持続可能性と環境の改善に取り組む認定慈善団体を支援すると発表しました。ジェフリーズの「善いことをする」グローバル・トレーディング・デーは、世界中の投資家にジェフリーズでの取引を通じてそのような活動に参加する機会を提供します。

具体的には、ジェフリーズは、世界の当社利用者が2月26日に行う株式、債券、為替のあらゆる売買に関して、取引手数料の純額を100%寄付します。加えて、ジェフリーズは会社として100万ドルを直接寄付し、世界各国の全従業員3922人にも、この活動に個人的に寄付する機会が与えられます。この寄付は、このような重要なイニシアチブに取り組む幅広い適格慈善団体に配分されます。

ジェフリーズ最高経営責任者(CEO)のリッチ・ハンドラーと社長のブライアン・フリードマンは、次のように述べています。「コロナウイルスが人類に影響を与えて1年が経ちつつある今、ジェフリーズは自社の幸運に感謝し、私たちと当社利用者の気持ちに訴える多くの重要な取り組みに貢献できることをうれしく思います。当社の「善いことをする」グローバル・トレーディング・デーは、多様性と包摂、COVID-19救援活動、持続可能性、私たちの環境の保護に取り組む組織などを支援します。ジェフリーズが最も大きなニーズを抱えるところに資金を届けるために自社の世界的なプラットフォームを利用する中で、社員全員が、当社利用者、仲間の従業員、株主と協力できることを楽しみにしています。」

詳細については、ジェフリーズの担当者にお問い合わせください。

ジェフリーズ・グループは、米国を本拠とする最大の世界的独立系フルサービス投資銀行です。60年近くにわたり顧客へのサービスに傾注してきたジェフリーズは、洞察力、専門知識、執行サービスを投資家、企業、政府に提供するリーダー企業です。当社は、投資銀行業務、アドバイザリー、セールスおよびトレーディング、リサーチ、ウェルスマネジメントのサービスを米州、欧州、アジアで全商品にわたって実施しています。ジェフリーズのリューカディア資産運用部門は、成長中のオルタナティブ資産運用プラットフォームです。ジェフリーズ・グループは、総合金融サービス会社のジェフリーズ・ファイナンシャル・グループ(NYSE:JEF)の完全保有子会社です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For media inquiries:
Richard Khaleel, +1 212 284 2556, rkhaleel@jefferies.com

情報提供元:
記事名:「ジェフリーズが2月26日に「善いことをする」グローバル・トレーディング・デーを開催し、多様性と包摂、COVID-19救援、持続可能性、私たちの環境の保護に取り組む組織を支援