米バージニア州レストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 本人確認とセキュリティーのソリューションの世界的なリーダー企業であり、米国の運転免許証プロバイダーとして首位に立つアイデミアは本日、マスターカードと提携して、カード所有者がセキュリティーを確保して安全に日常必需品の買い物ができるようにするためのコンバージドカード・ソリューションを開発したと発表しました。このソリューションは、現在金融サービスの利用を制限されている人々や利用する手段がない人々で米国の公式経済に参加できる方々を増やすことに貢献します。



コンバージドカード1は、州政府発行の運転免許証または身分証明書に決済認証情報を付けたカードです。このカードやデジタルアプリケーションは、失業給付、住宅扶助、公共料金補助、税金還付などの州助成プログラムを支え、州政府が紙の小切手を届けるよりも早く、公共部門を通じて、資金を必要とする人々を自動的に手当てできるようにするものです。

マネーフェストの基調講演で本日発表を行ったアイデミアの北米金融機関担当プレジデントであるメーガン・ハインゼは、次のように述べています。「このカードは金融包摂の基本的な問題に対処するもので、すべての市民が手の届く方法でタイムリーに、プリペイドカードで金融サービスを利用できるようにするものです。このカードによって、州の財政資金支出を改善するための新たなプロセスが生まれるのです。」

アイデミアの世界的戦略提携担当ヘッドを務めるキャスリーン・トービンは、次のように述べています。「デジタル変革によって私たちの生活や人との交流の仕方が変わっており、すべての消費者が個々の金融ニーズに合う方法で資金を受け取り、支払いができることを保証するソリューションの構築が、私たちの共通目標となります。」

マスターカードのエンタープライズ・パートナーシップ担当エグゼクティブバイスプレジデント、グローバル・シティー責任者を務めるMiguel Gamiño Jr.氏は、次のように述べています。「マスターカードは、信頼できるパートナーであるアイデミアとコンバージドカード・ソリューションを支えることを誇りに思います。このコンバージドカード・ソリューションは、都市の共同開発のための独自のグローバルネットワークであるシティー・ポッシブルを通じて2018年にアイデミアと構築したマスターカードの戦略的提携関係の成果です。シティー・ポッシブルの会員は、すべての関係者の総体的な専門力とリソースを活用して、喫緊の世界的な課題に対処する革新的なソリューションを拡大できます。私たちはこの2年間、世界中で金融包摂を実現するソリューションを開発するために連携してきました。」

アイデミアはすでに米国の75%以上の州と協力して、物理的な運転免許証を提供していますが、現在は幾つかの州と協力して、物理的なコンバージドカードと同じように機能できるようになるデジタル運転免許証に取り組んでいます。

アイデミアの北米市民本人確認担当シニアバイスプレジデントのマット・トンプソンは、次のように述べています。「私たちは、アイデミアとマスターカードが提携したことで、決済と本人確認の機能を一緒にした多機能カードの機能の重要性が増すと考えています。それはセキュリティー面で妥協せずに迅速かつ簡単に資金を消費者の手に届けるという需要があるためです。私たちは、このタイプのソリューションを住民に提供する可能性に関心のある複数の州のリーダーと話を進めています。」

アリゾナ州の動力車部門ディレクターであるエリック・ヨルゲンセン氏は、次のように述べています。「本人確認とファイナンスの融合には大きなチャンスがあります。このソリューションによって、市民が金融サービスを利用して、失業保険の給付金、税金の還付金などの支払いの受け取りや、車両登録料、所得税、専門職免許料などの支払いを簡単に行える方法が誕生します。また、実在する適格なお客さまに対して支払いが行われることを確認できるため、市民と州の両方にとって、より安全な環境が生まれます。アイデミアやマスターカードのようなパートナーには、これらと協力してこのように影響力のある革新成果を市民に提供できることに感謝しています。」

マスターカードのシティー・ポッシブル・ネットワークの詳細情報については、www.citypossible.comをご覧ください。

アイデミアについて

拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、つながり、旅行など)を物理的な世界でもデジタル空間でも行えるよう、信頼のおける環境を提供しています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認(個人情報保護と信頼を確保してセキュアで真性で検証可能なトランザクションを保証する本人確認)を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、セキュリティーが重要となる場合は時間と場所に関係なく、私たちの最大の資産の1つである本人確認情報を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は、金融、通信、本人確認、公共セキュリティー、IoT分野の国際的顧客に対して拡張本人確認を提供しています。世界で1万5000人近い従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IDEMIAGroup をフォローしてください。

1 本ソリューションの詳細情報については、このビデオをご覧ください。[1]

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press contact:
Adam Gasper
adam.gasper@hkstrategies.com
M: +1 989 928 4462

Hill+Knowlton Strategies
www.hkstrategies.com

情報提供元:
記事名:「アイデミアが本人確認と決済を融合したカードソリューションで金融包摂を実現するコンバージドカードを発表