-    大韓民が成功をめたコロナウイルス(COVID-19)防疫事例の紹介

-    オンライン商談など海外市場での販路開拓の機を提供

韓国大田--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 調達庁と韓国保健産業振興院が共同主催する「K-防疫 オンライン ナラジャントエキスポ」が11月9日から13日までオンライン仮想空間で開催される。



本催事はコロナウイルス(COVID-19)危機で大韓民国が成功を収めたK-防疫事例を紹介して、関連企業の海外市場での販路開拓を支援するために用意された。

催事にはK-防疫関連の112企業が参加する。バーチャル展示館と輸出商談会、コンファレンスがオンライン非対面方式で行われ、時間や場所にとらわれずに世界中からナラジャントエキスポにアクセスできる。

医薬技術館、革新技術館、安全用具館、診断技術館、防疫用品館など5分野から構成されたバーチャル展示館には韓国の優秀な中小企業が生産する防疫製品や技術が展示される。

米国、ロシア、インドなど20か国余りから70以上のバイヤーが参加する輸出商談会では、1対1の参加者同士による商談が行われ、実質的な取り引きが成立される予定である。

コンファレンスではコロナウイルス(COVID-19)以後の国際保健分野における変化と調達市場に関する情報を提供する。

展示参加企業やバイヤーだけではなく、韓国内外の関心を持つ参観希望者も事前登録をすれば催事に参加することができる。

詳細については、K-防疫ナラジャントエキスポのサイトwww.k-qurantine-procurement.kr)にアクセスして参観登録をするか、運営事務局に問い合わせて情報を得ることができる。


Contacts

Public Procurement Service
Secretariat
k.procurement.expo@gmail.com

Seventy
Seo Jongho
seventy09@seventy70.co.kr

情報提供元:
記事名:「K-防疫ナラジャントエキスポ、11月9日-13日にオンラインで開催