• Hockley PatternがTitomic Kinetic Fusion® Toolingの英国と欧州での商業展開を支援
  • Hockley Patternが航空宇宙、原子力、防衛用途の付加製造部品および工具をデモ
  • 世界で2008億ドルの工具市場は2026年までに3685億ドルに達する予測(年間平均成長率8%)1

豪メルボルン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 産業規模付加製造企業のティトミック(ASX:TTT)は、英国の工具企業Hockley Pattern & ToolにTitomic Kinetic Fusion®(TKF)付加製造工具を供給することで合意しました。この商業的協力により将来の機会に対する基盤が形成され、両社は協力してHockley Patternの顧客にTKFの利点をもたらします。


メーカーは炭素繊維部品の製造に必要な工具に対する強い需要を持っており、注文は数年先まで埋まっている状態にあります。現在の供給状況では、鋳造や鍛造による製造上の制限により需要を満たすことができていません。

この需要を満たすべく、過去2年にわたって、ティトミックは広範な研究開発に取り組み、TKFによる工具製造を検証してきました。現在、技術的躍進を果たしたティトミックは、大型の工具コンポーネントを6~12カ月ではなく数週間で作成することが可能です。

工具を製造する際のインバー合金ビレットを従来方式で切削すると材料の90%が廃棄され、鋳造では工具が多孔質になることで工具の寿命が大きく短くなります。このような課題を克服するTKF製造のニアネットシェイプ工具では切削する材料は10%にとどまります。孔隙率はわずか0.5%であるため、工具は航空宇宙炭素繊維成形のあらゆる真空漏れ試験基準を超過します。

このような利点により、コスト、リードタイム、ダウンタイム、廃棄物の削減が可能になります。ティトミックは現在、この独自の能力を2000億ドル規模の工具市場に向けて提供しています。この市場は、2026年までに3680億ドルに成長すると推定されています。

この発表に関して、ティトミックのマネジングディレクターのJeff Langは、このように述べています:

「工具用TKFが認証と基準を満たすことが示されましたので、ティトミックはこの世界的産業に革命をもたらす立場を得ました。現在当社は、工具市場の世界的リーダーであるHockley Patternとの提携に期待を持っており、英国と欧州の市場に強力に参入していきます。」

Hockley Patternの技術&革新責任者のIan Eaves氏は、こう述べています:

「HPLとその顧客は、現在と将来に必要な工具に関してTKFプロセスの採用で得られる利点を検討して採用することに強い関心を持っています。カーボンフットプリントの削減、商品化期間の短縮、供給の信頼性などが主なメリットであり、これをティトミックとの提携を通じてお客さまに届けていきたいと考えています。」Eaves氏はさらに、「未来に期待を感じています」とも語りました。

1. Allied Market Research, 2019

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Peter Vaughan
Ph: +613 9558 8822
www.titomic.com

情報提供元:
記事名:「ティトミック、航空宇宙工具をHockley Pattern & Toolに供給へ