エメセントのHovermap向けAL2技術がベロダインのライダーを活用してアクセス不可能な場所にアクセス

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ベロダイン・ライダーは本日、エメセントがHovermap向けに新たに導入したオートノミー・レベル2(AL2)技術がリアルタイムの知覚と高品質で正確な3Dデータを提供するためにベロダイン製ライダーセンサーを使用していると発表しました。Hovermapは、産業ドローンのためのプラグ&プレイ式マッピングおよび自律ペイロードであり、GPS接続がない目視範囲外(BVLOS)の領域で自律飛行を可能にします。



AL2技術は、ベロダインのPuck LITE(パック・ライト)ライダーを主要な知覚およびマッピングセンサーとして使用しています。これにより、鉱山、土木工事、電気通信インフラ、災害対応など、困難を伴うアクセス不可能な環境で、自律的な探査、ナビゲーション、ライダーマッピングが可能になります。エメセントの同時測位・マッピング(SLAM)をベースにした自律スタックの一部として、AL2はドローンが通信範囲を超えて飛行し、セルフナビゲーションを行い、細い電線や枝などの障害物を回避できるようにします。

AL2は、タブレットにストリーミングしたライブ3D地図にスマート・ウェイポイントを設定することで、離陸から着陸まで操作できます。これによりオペレーターは突出部、採掘場の縁、狭い空間や高所など、危険な環境から安全な距離を保つことができます。Puck LITEセンサーのリッチデータにより、企業は鉱山やその他の環境を安全にする方法について、高品質データの洞察を得ることができます。

エメセントの最高経営責任者(CEO)のStefan Hrabar博士は、次のように述べています。「Velodyne Puck LITEは、ドローン搭載システムに不可欠なコンパクトなサイズ、軽量性、性能を備えているため、ドローン・ベースの地図作成や自律ソリューション向けの実に素晴らしいセンサーです。このセンサーは、厳しい環境で機械やオペレーターの安全性を脅かすことなく重要データをリアルタイムに取得できる画期的な新技術を当社が作り上げる上で、欠くことができない要素でした。」

Automated with Velodyneパートナーであるエメセントは、GPS不適地におけるドローンの自律飛行で、最先端を歩んでいます。同社は最近、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)のロボティクスおよび自律システムグループとジョージア工科大学と共に、DARPAのSubterranean ("SubT") Challengeコンテストで、都市サーキット部門の4位に入賞しました。

ベロダイン・ライダーの事業開発担当バイスプレジデントのJon Baradは、次のように述べています。「エメセントがベロダインのライダーセンサーを革新的に使用することで、これまでアクセス不可能だった貴重なデータや知見を提供できるようになりました。また現在、鉱業、インフラ、測量、マッピング業界に提供しているものに加え、こうした革新がその他のさまざまな業界で自律ドローン運用の新時代を迎え入れる上で役立つことを考えると、大きな期待を感じます。」

米国では現在、連邦航空局(FAA)が目視範囲外でのドローン飛行を制限しています。エメセントの技術革新は鉱山だけでなく、あらゆる場所で、安全かつ自律的なドローン飛行の新時代を切り開く可能性を秘めています。

Velodyne Puck LITEセンサーは高解像度の画像を提供し、屋内外の環境を計測・分析します。Puck LITEは、軽量かつコンパクトサイズのセンサーを必要とするアプリケーション向けに設計されており、モバイル・アプリケーションやUAV/ドローン・アプリケーションで、傑出した解像度と性能を提供します。周囲環境について完全な360度の視野を提供し、リアルタイムで3Dデータを生成します。

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のためのスマートで強力なライダーソリューションを提供しています。カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なライダーセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。ベロダインの創業者のデビッド・ホールが2005年に、Velodyne Acoustics(ベロダイン・アコースティクス)の一部としてリアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・システムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™(パック)、汎用のUltra Puck™(ウルトラ・パック)、自律性を前進させるAlpha Prime™(アルファ・プライム)、ADAS向けに最適化されたVelarray™(ベラレイ)、画期的なドライバー支援ソフトウエアのVella™(ベラ)を含め、広範な検知ソリューションがあります。

エメセントについて

エメセントはドローン自律技術、ライダーマッピング、データ分析の世界的リーダーです。エメセントは2018年の設立以来、鉱山、インフラ、測量、マッピング業界向けに高品質のデータ取得を実現することで定評を確立しました。当社の主力製品であるHovermapは、高度な衝突回避技術と自律飛行技術を組み合わせたスマートなモバイル・スキャニング・ユニットであり、危険なGPS不適環境で地図作成を行います。Hovermapは独自の汎用性を備えており、ハンドヘルドのほか、ドローンもしくは車両に搭載し、困難を伴うアクセス不可能な場所での地図作成が可能です。Hovermapは幅広い用途に対応でき、世界中の顧客に使用されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Landis Communications Inc.
Sean Dowdall
(415) 286-7121
velodyne@landispr.com

情報提供元:
記事名:「ベロダイン製ライダーセンサーがエメセントのHovermapに搭載され、目視範囲外の飛行を可能に