ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サガは本日、保有者がコントロールする初の世界的ステーブル・デジタル通貨のサガ・トークン(SGA)を開始したと発表しました。SGAは、世界の市民が国際送金の障害なしで価値の蓄積と移動をできるようにします。そのニーズは、グローバル化のスピードによって加速されています。


銀行、金融機関、規制当局と協力し、SGAはリスク削減と信頼構築を通じてデジタル通貨を主流化する橋渡しとして行動しています。SGAは、中央銀行の法定通貨の仕組みを複製して世界的規模で適用する初のデジタル通貨です。

  • 洗練された金融モデルを備え、実証された中央銀行の通貨にヒントを得ています。
  • さまざまな投票の仕組みを通じて保有者が統制するSGAは、力を企業や単一の政府ではなく、現代の世界市民の手に委ねます。
  • 国際通貨基金のSDR(USD、EUR、GBP、CNY、JPYを含む通貨バスケット)を反映した準備資産を裏付けとしています。これは、変動性を抑制する安定化の仕組みとして機能します。
  • 通貨保有者はオンライン顧客確認(KYC)プロセスを経る必要があるため、マネーロンダリング防止(AML)基準の順守が確保され、匿名性がなくコンプライアンスを確保していますが、プライバシーは維持されます。

サガ創立者のIdo Sadeh Manは、このように述べています。「通貨はグローバル化のスピードに追いついておらず、現代的な生活の世界的な範囲やニーズに対応できていません。国境の経済的重要性の低下、社会の変化、金銭分散のニーズにより、補完的な世界的非政府的通貨の必要性が生まれています。当社は、保有者が統制してAML規制を順守する初めてのステーブル・デジタル通貨を開始することで、このニーズへの対応を開始しました。」

世界的通貨として機能するために、サガはしっかりとした金融モデルと効果的なガバナンス・システムを構築しました。サガの金融モデルの主要な特徴は、ブロックチェーン・ベースの流動性提供です。サガ・トークンの供給を調整するスマート・コントラクトが市場の需要に対応し、SGA価格に対する市場の信頼感の変動による影響を制限します。新たなSGAトークンの発行による受取金は準備金として維持され、規制対象の銀行に保管され、SDRの通貨構成を複製した流動性資産として蓄積されます。

詳細情報については、www.saga.orgをご覧ください。

以上

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media contact
Katie Spreadbury
Saga@fullyvested.com

情報提供元:
記事名:「サガがSGAトークンの公式始動を発表