ネットワーク収録システム「Spider Rec」、学習動画共有プラットフォーム「CLEVAS」を創価大学に納入


創価大学 収録/配信システムワークフロー


ネットワークカメラ収録システム Spider Rec


学習動画共有プラットフォーム CLEVAS

講義/研修などの収録・配信システムの開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瀧水 隆、以下 フォトロン)は、15教室でおこなわれる講義の全自動収録と学習成果の可視化を目的として、ネットワーク収録システム「Spider Rec(スパイダーレック)」、学習動画共有プラットフォーム「CLEVAS(クレヴァス)」を、学校法人 創価大学(所在地:東京都八王子市丹木町1-236、学長:鈴木 将史、以下 創価大学)に納入しました。

▼ 導入事例公開ページ
https://www.photron.co.jp/case/recording/soukadaigaku.html

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/309742/LL_img_309742_1.jpg
ネットワーク収録システム「Spider Rec」、学習動画共有プラットフォーム「CLEVAS」を創価大学に納入

■ 導入の背景
創価大学は、2007年に学生・教職員の学内情報を統括した学習支援ポータルサイトを構築するなど、早くからICT教育の活用に力を入れてきました。映像コンテンツを活用した講義後の事後学習のフォローと教育の質向上を目的に、2013年にフォトロンの講義収録システム「Cbox」、動画コンテンツ管理配信システム「Power Contents Server」を導入し、活用していました。

これらのシステムの導入時期は携帯キャリアの過渡期だったため一部利用できないブラウザがあったことや、収録講義ごとに個々の学生の視聴履歴をきめ細かく管理し『学習成果の可視化』を推進しようとしていたこともあり、創価大学では、システム全体のバージョンアップを検討し始めました。創価大学の設備・システム関係を担当する同大学教務部教務課の杉本 政人氏は当時をこう振り返ります。
『それまでも学内専用ポータルサイトではレポートやアンケートの提出状況、小テストの結果などが把握できるようになっていましたが、収録した講義を個々の学生がどれだけ閲覧しているのか、その科目に対してどれぐらい時間をかけて努力しているのかを数値化して把握できるようにしたいと考えたのです。』

学生の講義の習熟度アップに対する収録システムの貢献度の高さや、日々のフォローに対するフォトロンへの信頼、また、「Spider Rec」が従前のシステムに比べて1教室当たりの導入コストが低いことなどから、ネットワーク収録システム「Spider Rec」、学習動画共有プラットフォーム「CLEVAS」の導入を決定しました。


■ 導入の効果
ネットワーク収録システム「Spider Rec」、学習動画共有プラットフォーム「CLEVAS」の導入により、従来同様の機能に加えて、収録講義を受講した学生一人ひとりのログイン情報や視聴履歴をよりきめ細やかに管理できるようになりました。

ところが、2020年に新型コロナウイルス問題が発生し、大学を取り巻く状況は一変しました。対面での講義が難しくなったことから、創価大学では、2020年3月にZoomと契約し、4月13日から2020年度の講義を原則オンラインでスタートさせることになりました。杉本氏はこう話します。
『Zoomと既存のシステムをAPIで繋ぐにあたっては、フォトロンにさまざまご協力をいただきました。いきなりすべての講義が映像コンテンツとして扱われることになりましたが、本学では映像を通じて受講する土壌が醸成されていたので、先生にも学生にもそれほど戸惑いはなかったようです。』


■ 今後の展望
今後のシステムの活用について、杉本氏は次のように話します。
『新システムによって管理が可能になった収録講義の、学生一人ひとりの視聴履歴とログインデータを何らかの形で早々に活用していきたいと考えています。たとえば、収録しているAという科目の講義が全15コマあったら、「〇〇さんは10コマ視聴しているけど、まだ視聴していない授業が5コマありますよ」という告知を当該学生にするような活用です。あるいは、テストの点があまり良くない科目があったら、もっと収録動画を見るよう促すなどの活用も考えられます。新システムを導入してからの視聴履歴はすべて残っていますから、それも分析しながら、早期の活用を目指したいと思います。』


■ 創価大学 収録/配信システムワークフロー

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/309742/LL_img_309742_2.jpg
創価大学 収録/配信システムワークフロー

■ ネットワークカメラ収録システム Spider Recについて
ネットワークカメラの映像を一括で収録・管理/静止画撮影できるネットワークカメラ収録システムです。最大4映像まで同期収録・再生が可能。配信システムとの組み合わせで、スムーズな動画配信が可能です。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/309742/LL_img_309742_3.jpg
ネットワークカメラ収録システム Spider Rec

▼ Spider Rec製品ページ
https://www.photronmandesolutions.co.jp/education/products/spiderrec.html


■ 学習動画共有プラットフォーム CLEVASについて
動画へのコメント/評価の書き込みや共有・分析が可能な配信システムです。マルチデバイス対応のオンデマンド/ライブ配信や自動収録配信、アクセス制御、視聴分析など、動画配信システムに欠かせない機能も搭載し、大学講義/教育実習/医療実習/研修セミナーなどにおける効果的な学習活動を支援します。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/309742/LL_img_309742_4.jpg
学習動画共有プラットフォーム CLEVAS

▼ CLEVAS製品ページ
https://www.photron.co.jp/products/recording/clevas/


【株式会社フォトロンについて】
本社 : 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング21階
代表者 : 代表取締役社長 瀧水 隆
創業 : 1968年7月10日
資本金 : 1億円
事業内容: イマジカグループ企業、放送用映像機器、
民生用および産業用電子応用システム(CAD関連ソフトウェア、
ハイスピードカメラ・画像処理システム、その他)の開発、
製造、販売、輸出入
URL : https://www.photron.co.jp/products/recording/

本リリース掲載の会社、商品、システム等の名称は、各社の商標または登録商標です。

情報提供元 : @Press
記事名:「 ネットワーク収録システム「Spider Rec」 学習動画共有プラットフォーム「CLEVAS」を創価大学に納入 15教室の講義を全自動で収録可能に 学習成果を可視化するプラットフォームとして活用