画像 : https://newscast.jp/attachments/kDreucZ2A3YnWavJubwB.png


note株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:加藤貞顕)はネットショップ開設実績3年連続No.1を獲得しているEコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を提供するBASE株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:鶴岡裕太)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達と資本業務提携契約を締結しました。
本提携により、D2Cビジネスを手がけるクリエイターや、個人やスモールビジネスで活動するクリエイターのファン形成・集客・販売を両社で支援してエンパワーメントしていきます。


資本業務提携の概要


累計130万ショップを超えるBASE加盟店と会員登録数260万人以上にのぼるnoteのクリエイターをつなぎ、だれでもD2Cビジネスがしやすい環境を促進していきます。まずは、以下を両社共同で進めていく予定です。


1:noteとBASEで開設されたネットショップ、相互への導線設置
2:BASEで開設されたネットショップの管理画面から、noteに記事を投稿できる機能の設置
3:[noteのショッピングカテゴリの記事が集まるメディア]{https://note.com/topic/shopping}の活性化


資本業務提携の背景


noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」を、BASEは「Payment to the People, Power to the People.」をミッションに、クリエイターがものづくりに専念して、正当な対価を得るためのプラットフォームを提供しています。みずから価値を生みだすひとびとを支援する両社の取組みに共鳴して、相乗効果を生むために今回の提携に至りました。
note上ではこれまでも、クリエイターが商品・サービスの裏側にあるストーリーや作り手の思いを発信し続けることで、ブランドのファンコミュニティを形成しています。クリエイターへの応援の気持ちを、ファンがストレスなく購買へつなげられるように、noteはさまざまなECプラットフォームとの連携も強化してきました。
[noteの記事上でECの商品を表示できる機能「note for shopping」が2018年9月にスタート]{https://note.com/info/n/n2c3abf909a0d}した際に、BASEは初期パートナーとして参加。また、[クリエイターがECサイトで販売している商品を自分のnote上で一覧表示できる「ストア」]{https://note.com/info/n/ne5cffaa12941}ともBASEは2020年3月に連携しました。ブランド運営や商品販売をしている方のnote利用は増加。ECサイトの商品が埋め込まれたnoteの記事数は前年比310%にのぼります(2020年実績)。[日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2021年ヒット予測」でも、マイクロD2Cが10位にランクイン]{https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00380/00016/}しており、事業主と消費者とのダイレクト取引きは成長が期待されています。
今回の提携で、D2Cビジネスを手がけるクリエイター、個人やスモールビジネスで活動するクリエイターのエンパワーメントをさらに強固にしていきます。


BASE株式会社 代表取締役CEO 鶴岡 裕太氏コメント


この度、noteチームの一員に加わらせていただけたこと、とても嬉しいです。BASEでは、ものづくりをされている個人や小さなチームをテクノロジーを用いてエンパワーメントできるように日々頑張っていますが、noteさんが手掛けられているサービスも、アウトプットの形は違うものの、BASEと同じように、個人など今まで大きな組織と比べると力を持つことが難しかった方々に力を与えるサービスだと思っています。
この領域はまだ入り口に立ったばかりですが、これからゆっくりと長い時間をかけて今では想像できないくらい大きな影響力を持っていくと思います。これからの世の中の主役になっていく方々にきちんと寄り添えるよう、両社でしっかりと連携して未来に貢献していけたら嬉しいです。


note株式会社 代表取締役CEO 加藤貞顕コメント


私たちの使命は、クリエイターの創作のお手伝いをすることですが、そのなかでも活躍の舞台を広げることは極めて重要と考えています。今回の提携は、ECという大きな舞台にクリエイターの活動領域を広げるという意味があって、BASEさんとご一緒できることをたいへんうれしく思っています。
ECは、クリエイターの表現方法としても、創作の継続のための手段としても、とても有力な分野です。これまでもさまざまなECサービスとの連携の取り組みをしてきましたが、今回の提携では、それをより深くすすめて行ければと思っています。
クリエイターをエンパワーするという固い意志が、BASEとnoteの両社に共通しています。今回の提携を通じて、2つのサービスがより緊密に連携し、クリエイターのみなさんの創作のお手伝いをしていきたいと考えています。


代表対談イベントのご案内


画像 : https://newscast.jp/attachments/KtxZtaexX6dTCbkDCEk2.png


本提携を記念して「ファンを巻き込むブランドづくり」をテーマにトップ対談を実施します。


1月14日(木)19:30配信開始
前半 19:30〜20:10 [#買ってよかったもの]{https://note.com/events/n/nd27d4dc34d9f} レポート発表会
後半 20:15〜21:00 ファンを巻き込むブランドづくり
BASE株式会社 代表取締役CEO 鶴岡 裕太氏 / note株式会社 代表取締役CEO 加藤貞顕


【こんな人におすすめ】
・小売・ブランド事業者の方
・ファンを巻き込むメッセージの届け方、事業運営の地方に興味がある方
・BASEとnoteの提携後の展開に興味がある方


イベントの詳細や、参加方法は以下のページをご覧ください。
[https://note.com/events/n/nc349d354a84a]{https://note.com/events/n/nc349d354a84a?}


BASE株式会社


「Payment to the People, Power to the People.」をミッションに決済の簡易化に取り組む企業です。主力事業である、誰でもかんたんにネットショップが作成できるサービス「BASE(ベイス)」を通じて、個人やスモールチームがクレジットカード決済やキャリア決済、後払い決済をはじめ多様な決済手段をできる限り簡易に導入できる環境や、資金調達をよりスムーズに実施できるサービスを提供することで、MSMB(Micro, Small and Medium Business)層をエンパワーメントし、世界中の人々が自由に経済活動を行える基盤を構築しています。


所在地 :〒106-6237 東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー 37F
設立日 :2012年12月11日
代表者 :代表取締役CEO鶴岡 裕太
URL:[https://binc.jp]{https://binc.jp}


note株式会社


わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を販売をしたり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日
代表取締役CEO:加藤貞顕
コーポレートサイト:https://note.jp


情報提供元:@Press
記事名:「noteとBASEは資本業務提携しました。