WABURO KUMA 発表カウントダウン


建築家 隈研吾氏


WABURO KUMA ロゴ


隈研吾氏 署名

「和」デザインラグジュアリー浴槽・浴室ブランドメーカーである株式会社アステック(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:内山 繁)は、2020年 創立30周年にあたり、記念商品・イベントを発表してきましたが、その集大成として、世界的 建築家 「和の大家」と言われる隈 研吾 氏と共に、ラグジュアリーユニットバス「WABURO」シリーズでコラボレーションモデルを開発しました。
「WABURO KUMA」(ワブロクマ)の最大の特徴は、「拡がるユニットバス空間」をコンセプトに、洗面室と浴室をシームレスにデザインした一体型の広々としたゆとり空間の提供になります。高品質自然素材をふんだんにつかった拡がるユニットバス「WABURO KUMA」は、2020年12月17日に発売開始いたします。時を忘れ、心と身体を開放する上質な和モダン湯浴み空間を、ご体験いただけます。
商品詳細は、2020年12月17日発表いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/234781/LL_img_234781_1.jpg
WABURO KUMA 発表カウントダウン


■アステック WABURO KUMA への想い(by 隈 研吾 氏)
『一日の終わりのご褒美になるようなお風呂を作りたいと思った。
色々な住環境に対応出来るようにユニットバスのシステムを利用し、
肌に触れる部分には自然石と天然檜を使うことにした。
浴槽と洗い場が分かれている日本のバススタイルは海外の浴槽だけの
それと比べてともすれば面積効率が悪いように思えるが、僕はそこに
日本人特有の風呂文化を愛する気持ちが垣間見える気がする。
小さな住空間の中であっても豊かさを得られる場所として
このお風呂をデザインした。』


■建築家 隈 研吾 氏 プロフィール
1954年生。1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立。慶應義塾大学教授、東京大学教授を経て、現在、東京大学特別教授・名誉教授。国内外で多数のプロジェクトが進行中。国立競技場の設計にも携わった。主な著書に『点・線・面』(岩波書店)、『ひとの住処』(新潮新書)、『負ける建築』(岩波書店)、『自然な建築』、『小さな建築』(岩波新書)、他多数。


■株式会社アステック 会社概要
アステックは、和デザイン浴槽・浴室に特化し、客室風呂、露天風呂、大浴場におけるオーダー浴槽をはじめ、ユニットバス、シャワーブースなど、独自の開発に基づくオリジナルな設計思想をもとに、旅館・ホテルなどのビジネスユースから個人のお客様まで、お風呂まわりをトータルにサポートする浴槽・浴室メーカーです。 現在、年約1,000槽の浴槽・浴室製造能力を有しており、近年、日本の旅館のみならず、インターナショナルホテル・リゾートクラブホテル、個人邸宅など多く採用されております。主な実績としては、The Okura Tokyo、ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ、富士マリオットホテル山中湖、アマン東京、エクシブ湯河原離宮、東急ハーヴェストクラブ熱海、フォーシーズンズホテル京都などがあります。

商号 : 株式会社アステック
代表者 : 代表取締役 内山 繁
所在地 : 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1
創立 : 1990年4月
事業内容 : 和デザイン高級浴槽浴室製造販売 及び USA CAMBRIA
クォーツストーン総販売代理
資本金 : 12,000,000円
URL : https://www.ustech-jp.com
会社紹介動画: https://www.ustech-jp.com/news/2020.10.14.html


■アステック南麻布ショールーム
(東京メトロ南北線「白金高輪駅」より徒歩6分)
〒106-0047 東京都港区南麻布2-11-10
Tel:03-6435-4726(月-土 10:00-18:00 日・祝定休)

情報提供元:@Press
記事名:「和デザイン浴槽の株式会社アステック、和の大家と言われる建築家 隈 研吾 氏と提携し、新概念「拡張」ユニットバス「WABURO KUMA」(ワブロクマ)を開発、12月17日に発表