動画参照画像(1)


動画参照画像(2)


動画参照画像(3)


動画参照画像(4)

GFA株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:片田 朋希、証券コード:8783)は、過日開示した『投資銀行宣言』の通り、持続可能な世界の実現に向けてソーシャルレンディング事業を行うことを決定いたしました。当該事業を通じて当社がどのようなサービスをどのような理由で行っていくのかをお知らせいたします。

ソーシャルレンディングサービスの概要動画(英語のみとなります)
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221076/LL_img_221076_1.jpg
動画参照画像(1)
※動画リンク先:GFA株式会社 公式YouTube(1分59秒)
https://youtu.be/xnBt41sGN6c


1. 当社の目標
当社は過日開示した『投資銀行宣言』の通り、サスティナブルな環境を構築し、全世界の人から必要とされる会社になる、ITにより途上国の人たちに、沢山の収益構築機会を提供し、世界中から貧困をなくすことを目標にしております。
ソーシャルレンディング事業は、主に日本及び中国を除くアジア各国での展開を想定しております。当社が持つ貸し出しのノウハウや借主の評価、債権の回収のノウハウを活かしソーシャルレンディング事業を行うことで、世界における貧困撲滅に貢献できると信じております。


2. ソーシャルレンディングの必要性
ソーシャルレンディングは、途上国でとんでもないくらいに開いている格差を埋めるためのツールになります。ソーシャルレンディングを通じて、どのような方々であっても貸し手になることが可能です。たとえ少ない資金であっても、労働の対価として得たお金に働いてもらうことが可能となります。そしてそこから得られる収益で、少ないかもしれませんが、選択肢を増やすことが可能となります。
また多少であっても、金融知識を身につけることにより、労働の対価に頼った生活から、ほんの少し脱却することも可能となり、今よりも必ず豊かな生活ができると信じております。


3. 担保付きローンを前提
当社が提供するソーシャルレンディングは、すべて担保付きを想定しております。これにより投資資金は保全されリスクは無担保に比べて大幅に減少します。


4. BLUEBELT株式会社との基本合意
当社は2020年5月28日の取締役会にて、BLUEBELT株式会社が保有する子会社(以下、「対象会社」という)と対象会社が行っていた、もしくは準備を進めていたソーシャルレンディング事業を買い受けることに関して基本合意書の締結を決議し発表いたしました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の拡大により各種デューデリジェンスが遅延しております。株式譲渡契約の締結につきましては決定しましたら、速やかに開示いたします。
対象会社の子会社はアジア各国でソーシャルレンディング事業の開始準備を行っており、BLUEBELT株式会社との株式譲渡契約を締結した場合、当社のソーシャルレンディング事業をいち早く軌道に乗せることができると考えております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/221076/LL_img_221076_2.jpg
動画参照画像(2)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/221076/LL_img_221076_3.jpg
動画参照画像(3)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/221076/LL_img_221076_4.jpg
動画参照画像(4)

情報提供元:@Press
記事名:「GAF株式会社のソーシャルレンディング事業についてお知らせ