美馬市長を書類送検=参院選で投票依頼疑い―徳島県警

 徳島県美馬市の藤田元治市長(60)が7月10日投開票の参院選の公示前、市職員に特定候補への投票を依頼したとして、県警は9日、公選法違反(公務員の地位利用、事前運動)の疑いで、同市長を書類送検した。認否は明らかにしていない。  送検容疑は6月中旬ごろ、美馬市役所内で職員二十数人に対し、市長の立場を利用し、自民党の足立敏之参院議員(68)=比例代表で再選=への投票を依頼した疑い。   県警は7月27日に藤田市長の自宅や市役所を家宅捜索。同市長を任意で事情聴取していた。  藤田市長は美馬市議や徳島県議などを経て2016年に市長に初当選し、現在2期目。これまでの取材に対し、職員に名刺を配ったことを認めた上で、「投票のお願いはしていないが、軽率な行動だった」などと話している。(了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...