【ワシントン時事】バイデン米政権は28日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)に合わせ、世界有数の金産出国であるロシアからの金輸入を即日禁止すると発表した。資源価格の高騰を受けてロシアの貿易収支が改善しているため、ウクライナ侵攻の資金源を断つ狙いだ。  G7と欧州連合(EU)は3月、ロシア中央銀行が保有する金準備に関連した取引を禁止すると表明。さらに今回、輸入禁止措置で制裁の抜け穴を封じることに、米国、日本、英国、カナダが合意した。これにより、金の交易の中心であるニューヨークとロンドンの市場からロシアは完全に締め出される。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米、ロシア産金の輸入禁止=G7に合わせ即日実施