23日午後1時ごろ、大阪府豊中市柴原町の住宅街で「60代女性が刺され、男性が自分の頭を拳銃で撃った」と通行人から119番があった。府警などによると、男女2人が路上に倒れ、病院に搬送されたが、女性を刺したとみられる男の死亡が確認された。
 府警豊中署によると、男は刃物で女性の腹部を複数回刺して殺害しようとし、その後拳銃で自殺したとみられる。同署は殺人未遂容疑で調べている。
 近隣住民によると、女性は現場近くにある美容室のオーナーとみられる。2人はもめている様子で、刃物を持った男の姿が見えたという。
 現場は、大阪モノレールの柴原阪大前駅から東に約400メートルの住宅街。 (了)【時事通信社】