元顧問に9800万円支払い命令=相撲協会に損害与える―東京地裁

 日本相撲協会が危機管理などの業務に携わった元顧問の男性らに対し、立場を利用して不正に利益を得たとして約5億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、東京地裁であり、中俣千珠裁判長は元顧問らに約9800万円の支払いを命じた。  東京・両国国技館の改修工事で施工業者を選定した際、元顧問があっせん手数料などの名目で業者から裏金を受領。元顧問が代表取締役を務め、協会と業務委託契約を結んでいた会社も債務不履行により協会に損害を与えたと認定された。  相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「協会に多大な損害を与えたと認定した妥当な判決だ」との談話を出し、協会の代理人は控訴しない意向を示した。 (了)【時事通信社】

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...