【モスクワ時事】ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)は14日、米当局の要請に基づき、ロシアのハッカー集団「Rイーブル」を摘発したと発表した。Rイーブルは昨年、身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」を使い、米IT企業カセヤなどにサイバー攻撃を行った集団とされる。  サイバー攻撃への対処で米ロが協力するのは珍しい。バイデン米大統領は昨年6月にジュネーブでロシアのプーチン大統領と会談した際、ロシア発のサイバー攻撃が続けば結果を伴うと警告。その後の電話会談でも対処を求めていた。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 米要請でハッカー集団摘発=ロシア発サイバー攻撃