【イスタンブール時事】トルコとアルメニアの代表団は14日、モスクワで将来の国交正常化に向けた協議に臨んだ。正常化への取り組みは、両国が和解合意に署名した2009年以降、停滞していた。トルコ外務省は声明で「協議は前向きかつ建設的な雰囲気で行われた」と述べ、今後も継続する姿勢を示した。  トルコとアルメニアは隣国同士だが、第1次大戦中の「アルメニア人虐殺」などをめぐる問題で厳しく対立してきた。一方で両国内に経済面での関係強化を模索する動きがあり、来月には試験的に直行チャーター機を往来させることが検討されている。 【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 トルコとアルメニア、国交正常化へ協議