関西で最も早くオープンするスキー場
六甲山スノーパークは、2020年のシーズンの営業開始に向けた準備を始めました。今年のオープンは、11月14日からを予定しています。

昨年に続き、関西圏で一番早いオープンとなります。

関西圏からのアクセスがしやすい
六甲山スノーパークは、神戸の市街地から車で約30分、大阪の市街地からでも1時間弱で行くことが可能です。

また、車がなくても公共交通機関が整っているので、簡単にアクセスできることが魅力です。

初心者のスキーデビューにおすすめ
六甲山スノーパークでは、初心者向けのスキースクール、スノーボードスクールを開講しています。専門知識を持ったインストラクターから、レベルに合ったレッスンを受けることができるので、初スキーの人、家族連れにおすすめです。

今シーズンの営業は、2020年11月14日(土)から2021年3月9日(火)までが予定されいます。神戸は雪があまり降りませんが、六甲山では人工雪のゲレンデがあるので、気候に左右されずウィンターレジャーを楽しむことができます。

ナイター営業も行われるので、混雑しない幻想的な夜のスキー場思う存分滑るのもおすすめです。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※阪神電気鉄道株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002026.000005180.html

※六甲山スノーパークの公式ページ
https://www.rokkosan.com/ski/

情報提供元:WomanSmartLife
記事名:「関西エリア最速「六甲山スノーパーク」 11月14日からオープン