3密回避や運動不足解消のために注目されるようになった自転車ですが、中でも一際話題になっているのが、バッテリーによる電動アシスト機能を搭載したe-BIKE。以前コチラの記事でご紹介したとおり、オフロード対応のモデルも多数ラインナップしており、アウトドアシーンにおいても新たなアクティビティとして人気が高まっています。

そんな盛り上がりを見せているe-BIKEシーンに、彗星のごとく現れたデンマーク発のMATE BIKE(メイトバイク)に注目! 折りたたみ式なうえにオフロード対応、しかもストリートにも映える好デザインな一台となっているんです。

MATE X 250  ¥300000、MATE X 750  ¥425000

世界一の自転車都市といわれるデンマークのコペンハーゲンで生まれたメイトバイクによる「MATE X」。

一見、BMXのように見えるストリートライクなルックスながら、ワイドリムに耐パンク仕様のファットタイヤ、ディスクブレーキ、フルサスペンションなど、MTB顔負けのオフロード仕様となっているので、キャンプ場での足としてもうってつけ!

そして、タフなスペックに加え、MATE Xの魅力は折りたたみ式であるということ。

フレームを前後に折り畳めるほか、ハンドル下のヘッドチューブも畳むことができる仕様となっており、サドルを下げる動作も含め、3ステップでコンパクトになる画期的構造。

折りたたむと、高さ78cm × 長さ103 × 幅59cmにまで縮小するので(展開時は、高さ124 × 長さ180 × 幅65cm)、電車での輪行やクルマへの積み込みもラクラク行えます。

モーターの大小によって2モデルがラインナップ。250Wモデルでは速度上限が15mph (24.0 km/h) 、バッテリー出力48V 11Hで、最大アシスト距離が35マイル(55km)。750Wモデルでは速度上限が20mph (32 km/h)、バッテリー出力48V 14Hで、最大アシスト距離が55マイル(80km)となっています。

しかも、MATE Xには、サイクルコンピューターが全モデルに標準装備されいるうえ、5V出力のUSBポートまで備えているため、スマートフォンの充電だって可能。長距離走行時のあるあるといえる、スマホの充電切れやUSB式ライトの充電切れ問題もスマートに解決してくれるんです!

また、eMTBではあまりないカラーバリエーションの展開が豊富であることも魅力のひとつ。本国での展開よりは若干バリエーションが少なくなるものの、それでも各モデル5色展開となっておりベーシックなオールブラックやオールホワイトもラインナップしているので、どれにするか迷いどころです。

MTBさながらのオフロード対応スペックと、持ち運び自在のコンパクトな折りたたみ設計、そして長距離走行でも頼りになる最新鋭のシステムを搭載したMATE X。決して安いとは言い難い価格ですが、これほどまでに充実した機能とファッション感覚でも乗りやすいルックスを考えれば納得です。

通勤通学から週末のアウトドアのお供として活躍必至のオールラウンドな一台、大ヒットの予感です。2021年2月に日本上陸予定となっており、ブランド公式サイトほか、ピストショップ「BROTURES」オンラインにて現在予約受付中となっている。

  • 【MATE X 250】
    ・モーター:250W
    ・ディスクブレーキ:機械式
    ・ギア:8段変速(シマノ製)
    ・速度上限:15mph (24.0 km/h)
    ・バッテリー:Samsung/Panasonic/LG
    ・バッテリー出力:48V 11H
    ・最大アシスト距離:35マイル(55km)
    ・重量(バッテリーを含む):62.8ポンド(28.5 kg)
  • 【MATE X 750】
    ・モーター:750W
    ・ディスクブレーキ:油圧式
    ・ギア:8段変速(シマノ製)
    ・速度上限:20mph (32 km/h)
    ・バッテリー:Samsung/Panasonic/LG
    ・バッテリー出力:48V 14H
    ・最大アシスト距離:55マイル(80km)
    ・重量(バッテリーを含む):63.9ポンド(29.0 kg)

■MATE BIKE https://mate-bike.jp/mate-x

 

情報提供元:GO OUT
記事名:「e-BIKEの注目株「メイトバイク」が日本上陸! 折りたたみ式でMTB並みにタフなやつ。