快便に効果アリ!洋式トイレの前かがみポーズ

快便に効果のある洋式トイレの座り方を紹介しましょう。それが「前かがみポーズ」です。洋式トイレは日本人には不向き。普通に座っただけでは、大腸から肛門までの経路は曲がったままなのです。このため、洋式トイレで前かがみポーズをとると快便に効果があるのでした。
洋式トイレでの快便のポイント
快便のポイントは、大腸から肛門までをなるべくまっすぐにすること。しかし、日本人は和式トイレならまっすぐになりますが、洋式トイレでは大腸から肛門が曲がった状態になるのです。
私たちの腸を左側面から見ると、上から下に向かう大腸の出口部分に直腸と肛門があります。洋式トイレに座ると、大腸と直腸との結合部分が少しだけ「くの字」になるのです。
これでは、直腸から肛門へのルートが垂直ではなく左に傾いた状態となるため、便がスムーズに出てきません。これを解消することが、洋式トイレでの快便のポイントです。
快便効果をアップさせる足の下の台
ここで洋式トイレに座って上体を前に倒しすと、大腸と直腸の結合部分の「くの字」の角度が浅くなります。洋式トイレの前かがみポーズは、直腸から肛門へのルートを垂直に近づけるということ。これこそが快便に効果のある洋式トイレの座り方です。
快便効果をアップさせるなら、足の下に台を置くのがおすすめ。お風呂で使う椅子くらいの高さがよいでしょう。大腸から肛門までのルートがさらにまっすぐに近づいて、さらに快便を促します。
姿勢はまっすぐがよいものと教えられてきました。しかし、洋式トイレでの快便に関しては、体を曲げた前かがみのほうが、大腸から肛門までのルートがまっすぐになるのでした。
■「快便」おすすめ記事
  • 有酸素運動には便秘を解消する効果があった
  • 便秘解消にも効果がある「腸腰筋の鍛え方」
  • 腹斜筋を鍛えながら便秘解消「ヒップウォーク」
  • 腹式呼吸の効果で便秘が解消するメカニズム
  • 腸腰筋の筋トレ!!階段をゆっくり下りて便秘解消
  • 【関連リンク】
  • 胃下垂の治し方!!インナーマッスルを鍛えるべし
  • 鼻づまりを10秒で治す方法「脇の下にコブシ」
  • 低気圧の頭痛を治すなら酔い止め薬を飲むべし
  • 膵臓の位置は肋骨の下!直接マッサージできる
  • ゾンビ体操1日3回で30分間のウォーキング効果
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...