ドローインの効果を倍増させるなら内臓を利用

お腹をへこませるドローインは、いまやダイエットの定番ともいえるエクササイズ。背すじを伸ばした姿勢でお腹をできるだけへこませたまま、息を止めずに呼吸をしながら30秒キープします。このドローインの負荷を高めて効果を倍増させる方法を紹介しましょう。
ドローインの効果でダイエットできる
ドローインの効果でダイエットできるのは、腹横筋が鍛えられるためです。腹横筋はお腹をコルセットのように包んでいるインナーマッスル。ドローイン効果で腹横筋が鍛えられると、ウエストが引き締まるというわけです。
そんなドローインですが、最初はへこませられる時間が30秒ほどだったものが、慣れてくるにつれて1分、2分…と長くなるもの。こうなるとドローインの効果を上げるためには、四六時中ドローインをしなければなりません。
そこで、ドローインの効果を倍増させる方法を紹介しましょう。それが自分の内臓の重さを利用した体幹スクワットドローインです。
内臓の重さでドローイン効果がアップ
両足を肩幅に開いて、後ろで手を組んで軽く肩を引いてください。そして、背すじを伸ばしたまま上半身を前傾させます。この体勢でドローインをするのです。
ポイントは、お腹を引き上げるイメージ。少し試してみればノーマルのドローインとは、負荷が段違いであることがわかるでしょう。これでドローイン効果がアップします。
同じように、内臓の重さを利用してドローイン効果を高めるのが「肘立てドローイン」です。うつ伏せで両ひじをつき上半身を浮かせます。この体勢でドローインをするのです。内臓の重さを感じることで、ドローイン効果がアップします。
■「ドローイン効果」おすすめ記事
  • ドローイン効果をアップする「背中タオル」
  • ドローインの効果を半減させないチェック方法
  • ドローイン効果!たった30秒で下腹部がへこむ
  • ドローイン効果だけでは腹筋は割れない理由
  • ドローイン効果でインナーマッスルが鍛えられる
  • ■「ドローイン」おすすめ記事
  • 腹横筋をドローインで鍛えると腰痛予防になる
  • 腹筋の鍛え方!すきま時間のドローインが効く
  • ドローインダイエットは1日2分で食事制限ナシ
  • ドローインのやり方に激しい動きは必要ナシ
  • 有酸素運動と筋トレを同時に行うドローインラン
  • 【関連リンク】
  • 内臓脂肪レベルを減らすのはその気になればすぐ!?
  • 「体幹」と「インナーマッスル」の鍛え方の違い
  • 皮下脂肪を落とすだけで腹筋を割る方法とは?
  • 体脂肪率の理想は腹筋が割れる「10%以下」
  • ぽっこりお腹はインナーマッスル腹筋で引き締める
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...