今年もあと2ヶ月。寒暖差も厳しくなり、冬に向けて準備をし始めるころになりました。暑い時期に飲むビールはもちろんおいしいですが、ぬくぬくとした部屋で温かい鍋をつつきながら飲むビールも最高においしいと感じる季節でもあります。


毎月恒例のイラストレーター・natsuruによるビールカレンダー。11月もビールとの日常を描いたビールカレンダーをお届けします。
連載「いつもの日常に、わたしとビールと。」

おうちでゆったりとくつろいでいるとき、はたまた外へでかけたとき。いつでも、どんなときでも寄り添ってくれるビールたち。そんなビールと過ごすなにげない日常を、イラストレーターnatsuruが描きます。


(これまでの「いつもの日常に、わたしとビールと。」はこちら
月のはじめの気持ちの切り替えとともに、スマートフォンの画面をビールで染めてみませんか。

身近にあった非日常の景色


風が心地よく、過ごしやすくなってきたころ。夏の間は暑すぎて一度も行かなかった屋上に昇ってみる。いすに座り、Crooked Staveの『Juicy East Coast IPA』を飲みながら景色を眺めていると、屋上からは遠くの山々を望むことができ、家に居ながらにして非日常な自然が感じられることに気づいた。身近にあった雄大な景色を眺めていると時間も忘れ、気がつけばビールのパッケージのような夕暮れ時に。熟したオレンジのような味わいがじんわりと身と心に染み入る。

Illustration:natsuru(@NaTsuRuuuu
Text:山吹彩野


\待ち受けにしてみて/

見ているだけでビールが飲みたくなってくるようなスマホの壁紙を携えて、ビールがある日常を過ごしましょう!(※画像は保存して壁紙にお使いください。)

情報提供元:ビール女子
記事名:「【ビールカレンダー11月】いつもの日常に、わたしとビールと。身近にあった非日常の景色