11月19日夕方、声優の緒方恵美さんがTwitterにて

【All Up】「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のアフレコが、たった今、すべて終了しました!

 

なんか、泣きそうだ。
頭が痛くて…(←叫びすぎ。笑)

 

わたしのできることはすべて。
あとは完成を楽しみに待ちます。
ありがとうございました。
来年1/23、どうぞお楽しみに!

とツイートを行い、マスク姿で台本を持った写真をアップした。
また、アニメ制作会社の株式会社カラーもほぼ同じ時刻に

#シン・エヴァンゲリオン劇場版
メインはもちろんリテイク含めた全ての声の収録が終わりました!
役者の皆様、今回も細かく録らせていただきありがとうございます。
#シンエヴァ公開まであと65日です

とツイートし、こちらは緒方さんと庵野秀明総監督が並んだツーショット画像をアップした。

来年2021年1月23日の公開が予定されている「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。それぞれのツイートは反響を呼び、多くのリツイートや「いいね」を集める。
さまざまな意見が寄せられる中、緒方さんは、翌20日

なんか凄いことになったので補足です。。 「頭が痛くなるほど絶叫」は本当ですが、もちろん全編ずっと叫んでいるわけではないのでご安心下さい(笑)。作業工程上、CGができないと戦闘アドリブが入れられないので最後に残ったから、が正解です。それと2、3のシーンとセリフ変更に伴うリテイクを。→

それから「やっぱりできてなかったんじゃないか」と言っている方へ。6月公開だった時はそれに間に合う進行でした。でもコロナで多くの作品がずれて劇場がなかなかあかなくて…でもせっかく伸びたなら伸びたなりにもっと、となるのは当たり前では?(笑) その分更に深い作品になりました。お楽しみに。

と補足ツイートを行っていた。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のアフレコ終了「メインはもちろんリテイク含めた全ての声の収録が終わりました!」