タレントの神田うの(45)が16日、自身のインスタグラムを更新した。

 神田と言えば先日、バレンタインに家族からのサプライズプレゼントがあったことを報告。夫と娘から、ローズギャラリーの50本のバラの花束とエルメスのポーチ、手紙が贈られた写真を公開し、この投稿にネット上からは「家族からのサプライズとても感動しますね」などの声が寄せられている一方で、「愛情の尺度はブランド品なんですね。」「ブランド物という例えがこの人らしい。」という声も上がっていたばかり。

 そんな神田、今回の投稿には「ピアニスト辻井伸行君 お母様いつ子さんにお声がけ頂き久々に伸行君のコンサートに娘と伺わせて頂きました」などとつづり、長女とクラシックのコンサートに行ったことを明かした。

 共に毛皮のロングコートを着用したコーディネートの神田や、長女とのツーショットがアップしており、とてもゴージャスな姿にファンからは「コート素敵ですね」「毛皮コートがゴージャスでさすがうのちゃん」などの絶賛コメントが寄せられているのだが、その一方でネット上からは「リアルファーを止めようと言っている時代にこれはすごいね」「時代遅れだしダサい」というような声が上がっている。

 他にも「クラシックコンサートに行く服装じゃない」というような声も集まっていた神田のゴージャスコーディネート。少し派手すぎたのか世間からは冷ややかな視線が向けられてしまったようだ。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「神田うの、毛皮コートのゴージャス姿に賛否の声「」「時代遅れだしダサい」