作物を容赦無く食い荒らす、農夫の敵・イナゴ。2019年10月に現れた巨大な群れは、東アフリカ、中東、東南アジアで作物に被害を与えました。そんなイナゴたちですが、過去に「33万キロメートル四方を覆い尽くすほどの大群が、忽然と姿を消す事件が発生した」と言ったら、あなたは信じるでしょうか? 今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、1880年代の北米大陸に出現したロッキートビバッタという種が、跡形もなく消失してしまった謎の事件の真相を追います。

全文を読む