湿気で髪がうねるのはなぜ?

髪のうねりの原因は、髪の水分バランスの崩れによるものです。湿気が多い季節はいつも以上に髪が湿気を吸収するので、髪にボリュームが出やすくなります。特に傷んでいる髪は表面のキューティクルが剥がれているため、髪の中心まで影響を受けて、うねりや広がりが出やすくなると言われています。
皆さんにもこんなお悩み、ありませんか?

・雨の日の髪がまとまらない
・前髪がうねる
・髪がおさまらず、チリチリする
・髪が広がって、結ぶしかない
・ヘアアイロンの使い過ぎで、毛先がパサパサしている
・朝のスタイリング時間を短縮したい

うねりやクセが気になる時は、縮毛矯正やストレートパーマをかけるという選択肢もありますが、美容院に行けない時もあると思います。そんな時におすすめしたいのが、洗い流さないアウトバストリートメントです。

『くせ・うねりときほぐしセラム』の商品情報

『くせ・うねりときほぐしセラム』は、洗い流さないタイプのヘアトリートメントです。洗髪後の濡れた髪になじませることで、「ときほぐし成分」が髪内部に浸透。後に使うドライヤーやヘアアイロンの熱で、髪内部まで柔らかくします。使うたびに、思い通りの髪へと導きます。ダメージ補修成分「乳酸」も配合。気分ほぐれるホワイトフローラルの香りです。

『くせ・うねりときほぐしセラム』の効果的な使い方

①『くせ・うねりときほぐしセラム』は2層タイプなので、容器をよく振ってから使います。

②液体は洗髪&タオルドライ後の濡れた髪全体になじませます。量の目安はセミロングで500円玉1〜2個分ですが、髪の長さに合わせて調節します。根元から毛先まで、均一に塗布してください。

③美容液を塗ったら、髪を伸ばしながらドライヤーで乾かします。中途半端に時間をおくとうねりが出やすいので、自然乾燥する前に乾かすのがおすすめです。
ドライヤーをする時のポイントは、うねりやすい場所から乾かすこと。たとえば、前髪がうねりやすいなら、前髪から乾かします。

『くせ・うねりときほぐしセラム』レビュー

『くせ・うねりときほぐしセラム』を試してみたところ、髪の柔らかさとまとまりが断然アップしました。髪の表面はまっすぐ伸び、ドライヤー後はまともなヘアスタイルが完成!髪は落ち着いて、まさに扱いやすい髪になりました。翌朝、起きた時もツヤがあり、夜セットした状態が続いていました。(ビフォーの写真を撮っておけば良かったのですが、美容液を使用してから髪が落ち着いてしまい、汚い状態をお見せできないのが悔しい限りです…)
ただし、量をケチると、仕上がりの良さが半減します。美容液を髪全体にたっぷりつけるのがポイント!

終わりに

今回は、『くせ・うねりときほぐしセラム』を試しましたが、予想以上の仕上がりに満足しています。雨の日のイライラも軽減されたので、髪の広がりやうねりが気になる方にはおすすめです!

【商品情報】
エッセンシャル flat『くせ・うねりときほぐしセラム』
120ml/1,200円(税抜)
45ml/400円(税抜)

情報提供元:女美会
記事名:「梅雨時のうねりも扱いやすい髪に!『くせ・うねりときほぐしセラム』