スパってそもそもどんなもの?

スパってそもそもどんなもの?
出典:byBirth

スパ美容、皆さんは取り入れていますか?そもそもスパとは何なのでしょうか?

日本スパ振興協会の公式サイトを拝見すると、スパとは「健康と美の維持・回復・増進を目的として、温泉・水浴をベースにくつろぎと癒しの環境と様々な施術や療法などを総合的に提供する施設」と言われています。

美しくなるためはもちろんですが、健康のためであったり、癒しのために取り入れるものでもあるんですね。

スパと言うと、エステと同じじゃないの?という印象がある方もいらっしゃると思います。エステには、体型を整える、痩せる、ということを目的としているものもあれば、リラクゼーションを目的としたものもあります。リラクゼーションを目的としたエステは、スパと近いかもしれません。エステとの違いというよりも、スパは痩せるためのものではない、という点を覚えておいてください。

スパ美容のメリット、デメリット

スパ美容のメリット、デメリット
出典:byBirth

私自身、何度かスパを体験して感じるメリット、デメリットをご紹介します。

スパ美容のメリット

特別感が味わえる

ホテルスパやリゾートスパなど普段あまり行かない場所にあるスパは、スパはもちろんのこと、その場所で過ごすことそのものが特別な体験になります。

日常から切り離された空間で過ごす時間は、日頃の疲れを癒すのはもちろんですが、ちょっとした非日常感を味わうことが出来ます。非日常感ということは、普段考えている悩みを一時的に自分と切り離すことが出来ます。考えすぎて答えが出ない時、いったん切り離すことで、終わった後には新たな気付きもあるかもしれません。

プールや温泉などの温浴施設の利用ができる

施術前に身体を温めてトリートメント効果を高めるため、ホテルスパであればホテルにある温水プールや温浴施設を利用できるケースがあります。通常のマッサージだとなかなかないですよね。

時間帯によっては、その施設を一人で満喫!なんてことも出来ちゃうかもしれません。

デートにも利用できる

ペアルームがあり、男性OKのスパもあるので、彼とのデートを楽しみながら綺麗になれちゃうというのもポイント。普段のデートとは一味違ったものになるのは間違いないですし、お子さんがいる方であれば、リラックスしながら、二人きりの時間を楽しむことが出来ます。

スパ美容のデメリット

スパ美容のデメリット
出典:byBirth

価格が比較的高め

ホテルスパやコスメブランドのスパになると、平均2万円からが多い印象です。スキンケア用品もメイク用品も、とデイリー使いのアイテムのことを考えると、スパ美容は定期的に訪れるというよりも、特別な日のご褒美として利用してみてはいかがでしょうか。

メニューが豊富で迷う

細かくメニューを作っている施設が多いので、どれを受けたらいいの?と迷う方もいると思います。フェイシャルなのかボディなのか、どちらもなのか。まずは施術してもらう箇所を決めましょう。その上で、時間、価格などから絞り込んでいきます。

初めてであれば、その施設がオススメしているものを選ぶと、施設の特徴を知ることができます。また、コスメブランドが提供するスパであれば、自分が普段使っているアイテムを使ったトリートメントを選ぶと、使い慣れているという点もあり安心です。

コスメブランドが運営するオススメスパ5選

コスメブランドが運営するオススメスパ
出典:byBirth

ここからは、皆さんもご存知のコスメブランドが運営しているオススメのスパをご紹介します。

CHANEL ル サロン ボーテ

あのCHANELにスパがあるのはご存知でしたでしょうか?完全予約制で、フェイシャル、ボディとメニューがあります。

CHANELのスキンケアが贅沢に使用されるスパは、CHANEL好きの方にとっては至福の時間ですね。

トリートメントで使用されるオイルは、このル サロン ボーテだけで限定発売しているモン ユイル ドゥ フルールというフェイス&ボディオイルです。限定感&特別感!このオイルだけを購入することも出来るようですが、購入にはカウンセリングが必要のため、こちらも予約必須です。

クレ・ド・ポー ボーテ サロン

化粧品のラインに合わせてオリジナルのメソッドでのトリートメントが受けられます。クレ・ド・ポー ボーテかシナクティフのラインかを選べます。

通常のメニューに合わせて気になる部位を集中ケアしてくれるオプションメニューは、なんと10種類もあります。組み合わせによって、自分にぴったりのトリートメントを受けることが出来ますよ。

ドゥ・ラ・メール キャビントリートメント

クリームが有名なドゥ・ラ・メール。こちらにもスパがあるのはご存知でしたか?

フェイシャルのトリートメントが受けられます。ハリ、キメ、毛穴などの、年齢を重ねることで現れてくるお悩みへのアプローチをしてくれるフェイシャルトリートメントメニューが多い印象です。

クラランス スパ

スパというと60分からのメニューが多いですが、その半分の30分のトリートメントがあったり、マタニティメニューもあるのが特徴です。

忙しいけれど綺麗になりたい方にとって、30分から体験できるのは気軽に行きやすいですね。また、マタニティの時は身体に疲れが出やすいですが、受けられるメニューが少ないのが現実。その点、マタニティ用のメニューがあるのは妊婦さんにとって嬉しいですね。

THREE RHYTHM SPA

心、からだ、肌をホリスティックにサポートしてくれるTHREEのスパ。今回ご紹介している中では、比較的お手頃な価格で受けることが出来ます。

トリートメント後にはセルフケアの方法も教えてくれるので、自宅に戻ってからもスパの効果を維持できるよう頑張ろうというやる気が湧いてきますね。

スパをケアに取り入れてみよう

スパをケアに取り入れてみよう
出典:byBirth

スパ美容の魅力は伝わりましたか?今回ご紹介したコスメブランドのスパは、ブランドファンはもちろんのこと、これからそのブランドアイテムを使ってみたいという方にもおすすめです。

このご時世、なかなかテスターの利用が出来ないので、プロの手を借りて実際にその商品を試してみることで、そのアイテムの良さを感じることが出来ますよ。日頃の疲れを癒す際に参考にしてみてくださいね。

情報提供元 : GODMake
記事名:「 コスメだけじゃない!コスメブランドの「スパ」を満喫しよう