マスクをとってもキレイな肌を維持するポイント

マスクをとってもキレイな肌を維持するポイント
出典:byBirth

マスクを外してもキレイな肌を維持するためには、ベースメイクでくすみや色ムラをカバーして、立体感をプラスすることがポイントです。

特に、顔立ちにメリハリがあるとマスクを外しても“美人顔”に見えるため、ハイライトで光を演出していきましょう。

ハイライトを広範囲にのせても、マスクの影響で崩れてしまう可能性が高いので、ハイライトは“点”でポイント置きして、集中的に光を集めるようにするとよいです!

くすみ・色ムラをカバーするベースメイク術

くすみ・色ムラをカバーするベースメイク術
出典:byBirth

まず最初に、お肌全体の色ムラやくすみなどの気になる部分をカバーしていきましょう。

全顔に対してメイクをするというよりも、ポイントで気になる部分をカバーすることで、薄付きなのに悩みがカバーされた理想のお肌に近づくことができます。

イエローべースの下地で黄ぐすみをオフ

もともとの肌の色で黄ぐすみが気になる場合は、イエローのコントロールカラーを使って、くすみをカバーすることをおすすめします。

パープルなど白くなりすぎてしまうコントロールカラーよりも、自然にくすみをおさえることができます。

特に、塗り忘れがちな首にもコントロールカラーをのせて、顔だけ色が浮かないようにするのがポイントです。

オレンジ系のコンシーラーでクマをカバー

目の周りのクマは、オレンジ系のコンシーラーを使うと、上手にカバーすることができます。

目の下を明るくしようとして明るいベージュを選んでしまうと、逆にクマのくぼみが悪目立ちしてしまうこともあるので、色選びに注意しましょう。

また、目の下ギリギリまでコンシーラーを塗ると、目が小さく見えてしまいがちなので、涙袋の部分はコンシーラーを外して塗ることをおすすめします。

ブルーのコントロールカラーを顔中心に

透明感をアップさせてくれるブルーのコントロールカラーを使い、透明感のあるお肌を演出していきます。

ただし、ブルーのコントロールカラーは白浮きしやすいため、全顔にのせるとのっぺりとした印象になりやすく注意が必要。

眉上と小鼻のラインの間をイメージして、お顔の中心にのせることで、メリハリをキープしながら透明感を手に入れられます。

明るめベージュのコンシーラーでリフトアップ

明るめのベージュのコンシーラーを使って、口角の下・小鼻横のほうれい線の始まりの部分に、上向きに2~3本ラインを引くように色をのせます。

ほうれい線のはじまりと口角は影になりやすく、お顔がたるんで見えてしまうので、明るさをプラスすることでリフトアップした印象を手に入れられます。

立体感をアップさせるベースメイク術

立体感をアップさせるベースメイク術
出典:byBirth

お肌の色ムラやくすみの問題をカバーした後は、お顔に立体感をプラスしていきます。マスクを外すとどうしてものっぺりした印象になりやすいので、ポイントで凹凸を演出することで、メリハリのある美人顔を手に入れることができます。

練りハイライトを“点置き”でポイント使い

冒頭でご紹介したように、ハイライトは広範囲よりもポイントで絞って使った方がベター。立体感が足りず、凹んで見える部分に“点置き”してポイント使いすると、光が集中的に集まり、立体感がアップします!

点置きするハイライトは、練りタイプのハイライトがおすすめ!さらに、点置きする際は、指に力が入りにくい薬指を使って、やさしくタップするようにのせるとよいでしょう。

ハイライトは、眉間の上・鼻の付け根・小鼻の横・唇の山の上・口角・下唇の下(中央のみ)にポイントで置くと、影のないハツラツとした印象を手に入れられます。

アイブロウパウダーでシェーディングを

シェーディングは、シェーディング用コスメが無くても、アイブロウパウダーをフェイスブラシでのせるだけでOKです。アイブロウパウダーは、眉毛や髪の毛に近い色を選んでいるはずなので、自然と色浮きせずに影をつけることができます。

シェーディングは、“絞りたい部分に強くのせる”というよりも、自然な陰影をつけるために、“髪の毛の影となる部分を濃くする”というイメージでのせていくとよいでしょう。

そのため、おでこの生え際を囲うようにシェーディングを入れ、もみあげの延長線上となる部分にも色を加えていき、お顔の外側を自然に囲むように入れてみてください。

マスクを外しても美人なメリハリ顔を手に入れよう

マスクを外しても美人
出典:byBirth

マスク生活が続き、肌トラブルやメイク崩れにお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

今回のベースメイク術は、必要最小限でお肌をキレイに見せるテクニックばかりなので、お肌への負担も少なく済むはずです。

ぜひこの機会に、マスクを外してもメリハリのある美人顔を手に入れてみませんか。

情報提供元:GODMake
記事名:「マスクをとっても美人顔!「ベースメイク」テクニック