パナソニック株式会社は2020年12月22日(火)、国土交通省が推進する「Project“PLATEAU(プラトー)”」において、「3D都市モデルの構築等に関する国際標準規格に対応するための作業手順のマニュアル化及び3D都市モデルのデータ品質管理業務」と、「3D都市モデルを活用した都市活動モニタリング等の技術実装業務」に参画し、“まちづくりのDX”(Urban Digital Transformation)の取り組みを支援していくことを発表しました。


国交省が「Project“PLATEAU”」 による情報発信を開始

2020年12月22日に国土交通省が推進する「Project“PLATEAU(プラトー)”」のティザーサイトが公開されました。

このポータルサイトでは、まちづくりのユースケース開発の一例として、パナソニック社が手掛けた「ウォーカブルな拠点整備を目指した都市開発に伴う歩行者量変化の可視化」が紹介されています。

VRを用いてイメージを可視化

将来のリニア中央新幹線の乗り入れが想定されている新大阪駅周辺地域で、新たな歩行者ネットワークや都市空間のイメージについて、現況と将来をVRを用いて可視化し、あるべき将来像を検討するためのツールとして3D都市モデルが活用される予定となっています。

また、3D都市モデルを取り込んだVRの活用で、エリア開発、プロジェクト等の有効性などを各種ステークホルダーに分かりやすくかつ適切に伝えることができるようになります。

ウォーカブルな拠点整備を目指した都市開発に伴う 歩行者量変化の可視化

実施企業:パナソニック

実施場所:大阪市

複数の鉄道路線が集中する大都市のターミナル駅は、自治体や交通事業者などが管理する施設が立体的に積層しており、歩行者の回遊・滞留状況を俯瞰で理解することは難しい。

今回の実証実験では、将来リニア中央新幹線の乗り入れや周辺地域の再開発が検討されている新大阪駅周辺地区において、歩行者の動きや整備方針をVRを用いて可視化し、周辺を含む駅施設のあるべき将来像を議論するためのツールとして3D都市モデルを活用する。

引用元:PLATEAU




「PLATEAU」ティザーサイトについて

国土交通省は、2020年12月22日よりプロジェクトの成果を情報発信していくためのティザー版ウェブサイト『Map the New World. ~「Project“PLATEAU”」』を公開しました。

21年4月のオープンデータ化に向け、東京23区全域を網羅した3D都市モデルなどが先行公開されています。

ウェブサイトを通じて、プロジェクトの進捗プロセスを継続的に発信(ウェブサイトやSNSを通じて3D都市モデルやそのユースケースを順次公開)していくと同時に、3D都市モデルをはじめとする各種データをオープンデータ化し、誰もが活用できるようにしていくということです。

詳細:Project“PLATEAU”ウェブサイト

「Project“PLATEAU”」とは

「Project“PLATEAU”」は3D都市空間情報プラットフォームのことで、3D都市モデルは都市空間に存在する建物や街路といったオブジェクトに名称や用途、建設年といった都市活動情報を付与することにより、都市空間そのものを再現しています。

様々な都市活動データが3D都市モデルに統合されており、フィジカル空間とサイバー空間の高度な融合が実現しています。

これによって、

・都市計画立案の高度化

・都市活動のシミュレーション

・分析

などが可能になります。

国土交通省では、現在「Project“PLATEAU(プラトー)”」として、全国約50都市の3D都市モデルの整備と、これを活用した都市計画・まちづくり、防災、都市サービス創出等の実現を目指す「まちづくりのDX」の取り組みを推進しています。

詳細:国土交通省プレスリリース

まとめ

都市開発の将来図は、平面図では表現が難しく、私たちにも理解が難しいところがありましたが、VRで3Dモデルとして情報化されれば、わかりやすく、体感として理解することができますね。

パナソニック社が手掛けている「新大阪駅周辺地区」の3D都市モデルは、まだイメージしか公開されていませんがワクワクしますね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「パナソニックがVR技術や3D都市モデルで「まちづくりのDX」を支援!