この数年、陸軍と海兵隊を中心に米軍はARやMRといった最新テクノロジーの導入を着々と進めていることは広く知られています。

これまでに少なくとも25回の演習が行われ、早いところでは2021年には実戦配備することを目指すとのことです。