360VRサービス”idoga VR”を展開している株式会社クロスデバイスは2020年10月15日(木)、液晶パネル大手の株式会社ジャパンディスプレイと開発した「サイクリングVR」を、フィットネスクラブやリハビリテーション施設、オフィスリラグゼーション、企業集客イベント、アーケードVR施設向けに協業販売することを発表しました。


「サイクリングVR」とは

今回提供開始された「サイクリングVR」は、クロスデバイス社とジャパンディスプレイ社が開発したVRコンテンツで、HMDと3面シアターを使用することでサイクリングを体験することができます。

・エアロバイク

・自転車

に回転センサーを付けるだけで使用可能になり、ペダルを漕ぐ回転数に連動してVR映像の再生スピードも変化するようになっています。

このためHMDを付けてペダルを漕ぐだけで、まるで本当にサイクリングをしているかのような没入体験を楽しむことができます。

HMDには、ジャパンディスプレイ社が開発した「VirtualDive100」が使用されており、高精細かつクリアなVR表現で一層の臨場感が体験可能です。

イメージ

フィットネス施設などにも導入

このコンテンツは、フィットネス施設や自転車を活用したロケーションサービスなどの設備をそのまま活用した導入が可能になっており、今まで地域観光PRのための自治体や企業イベントを中心に数多く導入されていたものに加えて、新たに高精細HMDと3面ディスプレイの表示切替機能が搭載されています。

このため、アーケードVR施設などで複数人での対戦も楽しめます。

クロスデバイス社によると、将来的には世界の遠隔地同士でのクラウドでの対戦も想定しているということです。



露・Airpano社との連携で空撮も可能に

このコンテンツの開発にあたって、質の高い世界中のランドマークのVR空撮で定評のあるロシアのAirpano社と連携しており、定額性で世界中の絶景や名所を楽しめるコンテンツの提供も可能になっています。

またCMS上におかれたVRコンテンツは、DRM(デジタル著作権管理)で自動管理されており、月単位でコンテンツを自動的に切り替えたり増減させることもできます。

イメージ

コンテンツ概要

「サイクリングVR」の参考価格は154万円で、以下のものがセットになっています。

・システム利用料金

・システム設定費

・JDI製HMD VirtualDive100

・専用PC(GPU性能 GeForce RTX 2070相当)

・その他ケーブルセンサ類

・3面スクリーンモニタ+スタンド

フィットネスバイクはアルインコ社の「ALINCO プログラムバイク」7219か7018が推奨されています。

またオプションとして、スピード連動型サーキュレーター送風機、ヘッドフォン、サーバーラックが用意されています。

なお、販売形態は買い取りかイベントレンタルが予定されており、直販に加えて取り扱い代理店が募集されています。

まとめ

VRでサイクリング体験ができる「サイクリングVR」が販売開始されました。

このコンテンツはセンサーを取り付けたエアロバイクに、HMDを付けて乗ることで、まるで本当にサイクリングしているかのような没入感が味わえます。

フィットネスクラブやリハビリテーション施設、オフィスリラグゼーション、企業集客イベント、アーケードVR施設向けに販売されるということですが、実際に外に出るのとは違って安全にサイクリングができそうですね。

フィットネスクラブでも楽しみながらできるので、より効率が上がりそうな気がします。

ソース:「サイクリングVR」プレスリリース[@Press]








The post HMDと3面シアターでVRサイクリング!「サイクリングVR」販売開始 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「HMDと3面シアターでVRサイクリング!「サイクリングVR」販売開始