yahoo

人の心が「色」で見える少女の物語 山田尚子監督による長編アニメーション映画「きみの色」が2023年秋に公開決定

2022.12.03 10:05
rss おたくま経済新聞
オモシロ
コメントする
 「聲の形」や「平家物語」で知られる山田尚子監督の最新作であり、完全オリジナルの長編アニメーション映画「きみの色」の制作が発表されました。
 少女たちの思春期の青春が描かれた「きみの色」は、全国東宝系にて2023年秋に公開されます。
 発表にあわせて、スーパーティザービジュアルと、スーパーティザーPVが解禁。山田監督と、脚本・吉田玲子さんからのコメントが届いています。
 映画「きみの色」 は、少女たちの自立、葛藤、恋模様が、美しい映像によって描かれる長編アニメーション映画
 人の感情が「色」として見える高校生の少女・トツ子。友だちや家族の「色」が見えるトツ子は、空気を読んで取り繕うためのウソをついてしまう。そんなトツ子が、美しい色を放つ美少女と、音楽好きの少年とバンドを組むことになり……。
 スーパーティザーPVでも映し出されるスーパーティザービジュアルは、中央に左手が描かれたデザイン。光があたっているかのような複雑な色づかいが印象的です。
 山田尚子監督は、作品について「絵具を混ぜるパレットのような、または光を集めて分散させるプリズムのような、そんな物語を描いていきたい」とコメント。
 「人の外側と内側、そこから生みだされるそれぞれのかたちを描いてみたい」という山田監督の思いから始まった本作品。「音楽を通じてお互いに共鳴していく主人公たちの、やわらかく力強い足取りを描いていきたい」と語っています。
 脚本を手掛けるのは、「けいおん!」シリーズ以降、幾度となくタッグを組んできた吉田玲子さん。「色が見える女の子」は山田監督のアイディアと明かし、「繊細な心模様と、そこに寄り添うような監督の演出が楽しみ」と期待を寄せています。
 音楽を担当するのは、山田監督作品の「映画 聲の形」や「リズと青い鳥」の他、チェンソーマン」のサウンドトラックを手掛ける作曲家の牛尾憲輔さん。
 企画・プロデュースは「君の名は。」などの新海誠作品を手掛けるSTORY inc.が、制作・プロデュースは、テレビアニメ「平家物語」を生み出したサイエンス SARU が担当します。
(c)2023「きみの色」製作委員会
情報提供:2023「きみの色」制作委員会
\ この記事をシェア /
Facebook    Twitter
おすすめ関連記事
アクセスランキング
  • 日間
  • 週間
  • 月間