出て入って猫は喜ぶ紙袋、老舗デパートは質が違うと
紙袋遊びのプロには、違いが分かるようです。 紙箱などをまとめてリサイクルに出すのに重宝していたのですが、すっかりデパートに行くことも減り、いっそう貴重品となったデパートの紙袋。猫にとっては遊び道具でありまして品質は重要なファクターのようです。
「臭いとか強度もあるけど、なによりね、ほら音が違うんですよ。飛び込んだときのガサッって音が、響くでしょ。これが老舗の音ですよ」と語っているのかどうかは定かではありませんが、髙島屋のバラ柄の紙袋が大変お気に入りでご執心な子猫のトム。 重い物を入れたときの「あ、これなら破れないな」という安心感は、一流の証。でも分厚い革製品のブランドの袋とか、化粧品の袋とかでは猫の遊び道具としてはBランク。薄くて強い紙の百貨店の袋こそが猫にとって至高の逸品であります。あの撚った紙紐の把手がまたいいんです。噛み心地もいいし、切ってオモチャにするのもいいし。 各有名百貨店の袋を並べて、どの紙袋を猫は選ぶか占い動画で、来年の各店の売れ行きを予想する方が出ていらっしゃることを一方的に願っております。本命はバラでしょうか、「実り」でしょうか、はたまたKEIKYUでしょうか。 [ねこvs 高島屋の紙袋/YouTube]The post 出て入って猫は喜ぶ紙袋、老舗デパートは質が違うと first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
ツリーを前に倒さずにはいられない猫、迅速安全丁寧に倒壊
寒空の冬至に新たな風物詩、湯に浮かぶ柚子に困惑する猫
牛たちの心を掴んだ茶トラ猫、6頭の愛を一心に受けとめ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「出て入って猫は喜ぶ紙袋、老舗デパートは質が違うと