寒空の冬至に新たな風物詩、湯に浮かぶ柚子に困惑する猫
これは流行らせるべき。 昨晩は柚子の香りに包まれてお風呂を満喫した、猫と共に暮らす皆さまに、猫動画新ジャンルのご提案。ぷかぷか浮かぶ柚子と猫であります。
クラゲのように不安定に漂う柚子を怪しみ睨むキジトラ猫。口元は膨らみ、髭は前方へと向かい、なにやらただならぬ気配を察知しているようです。 なみなみとお湯がたまった湯船にもかかわらず、興味津々。一度は床へと戻りますがやっぱり気になって再び立ち上がり、手を出そうか迷う表情がたまりません。毎年新鮮な気持ちで柚子湯を怪しんでくれそうです。 [冬至の柚子湯@ねこ/YouTube]The post 寒空の冬至に新たな風物詩、湯に浮かぶ柚子に困惑する猫 first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
牛たちの心を掴んだ茶トラ猫、6頭の愛を一心に受けとめ
藁を背に体を丸める眠り猫、空き部屋占拠し集団睡眠
ゲームから飼い主の手を奪う猫、円らな瞳で引きはがす

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「寒空の冬至に新たな風物詩、湯に浮かぶ柚子に困惑する猫