短足の猫「マンチカン」のルーツとは?

足が短くてかわいいマンチカン

SV_zt/shutterstock.com

短足の足が特徴的なマンチカンは、1983年にアメリカのルイジアナ州でトラックの下で発見された野良猫がルーツになっていると言われています。

当時、トラックの下で暮らしていた短足の猫は”ブラックベリー”と呼ばれており、ブラックベリーから産まれた子猫の半分は短足だったようです。

その後、産まれた短足猫のうち”トゥールーズ”と名付けられた1匹のオスの子猫が繁殖家に引き取られ、短足猫の交配が始まります。近親交配による遺伝子疾患のリスクを減らすために、交配相手は短足猫以外の猫と行われました。

つまり、現在のマンチカンは”ブラックベリー”と”トゥールーズ”と名付けられた猫が祖先に当たります。

キャットショーで有名に!

育種されたマンチカンは、1991年にニューヨークで開かれたキャットショーで初めて展示されました。短足で小さなマンチカンの姿はショーで多くの方に注目され、さまざまな論争を引き起こしました。

マンチカンの愛くるしい姿に魅了され健全性を信じる人と、遺伝的疾患や免疫力の弱さを懸念する人たちの間で意見が異なっていたため、キャットショーでは”単なる突然変異”という結論で幕を閉じました。

その後、アメリカのさまざまな場所で短足の猫が見つかり、育種のために交配されるようになります。

これにより、近親交配による遺伝子疾患のリスクが低下し、世界最大の猫の血統登録機関TICA(The International Cat Association)が、1995年に新しい猫の品種として認定しました。

しかし、国際的な猫血統登録団体であるCFA(THE CAT FANCIERS’ ASSOCIATION, INC)、イギリスの猫血統登録団体であるGCCF(Governing Council of the Cat Fancy)などはいまだにマンチカンを猫の品種として認めていません。

マンチカンの体の特徴とは?

おもちゃで遊ぶマンチカン

SV_zt/shutterstock.com

マンチカンの最大の特徴と言えば、何といっても短い足です。短足で歩く姿がとても可愛く、日本でも人気の猫種のひとつです。

マンチカンと聞くと、多くの方が短足の姿をイメージしますが、実はマンチカンには普通の猫のような足長タイプのマンチカンも存在しています。実際、短足のマンチカンは全体の2割ぐらいしかいません。

マンチカンの最大の特徴は短足

短足のマンチカンは、立ち姿だけですぐに分かる短い足が特徴的です。この短い短足姿から、”猫界のダックスフンド”という名前でも知られています。

短足ですがしっかりした膝をもっています。膝から上と膝から下の長さはほぼ同じで、ジャンプや木登りも普通の猫と同じように行うことができます。

短足でも猫らしい生活を送ることができるので、足が短いゆえに不便な思いをしていることはありません。

マンチカンの体格

マンチカンの体重はオス猫の場合はおよそ3~4㎏、メス猫の場合は2~3㎏が平均と言われています。ボディタイプは小型のセミコビータイプになり、体は丸みを帯びています。

引き締まった筋肉質な体型で、骨格はしっかりしています。また大きな耳と丸い頭をしており、全体的にみるとアンバランスな姿をしているのがマンチカンの特徴となっています。

マンチカンの毛色

マンチカンの目の色は、毛色によって異なります。被毛はとても細かくて密生しており、シルクのような手触りをしています。

マンチカンには長毛種短毛種がいます。長毛種の場合、毛は長いですが絡まりにくい毛質をしているので、お手入れはそれほど難しくありません。一方、短毛種の場合は、被毛がたくさん密生しており、普通の猫よりもやや長めの被毛をしています。

毛色は豊富でホワイト、レッド、ルーミンク、ブラック&ホワイト、シルバーマッカレルタビー&ホワイトなどがあります。

足長のマンチカンがいる理由とは?

足長のマチカンの子猫

Robynrg/shutterstock.com

上記でも少し触れたように、マンチカンと言うと短足のイメージがありますが、足長のマンチカンも存在しています。

マンチカンの約8割は足長のマンチカン

マンチカンのうち、短足の子猫が生まれる割合は全体の2割ほどしかいないと言われています。つまり、残りの8割は中足もしくは足長のマンチカンが生まれます。

奇形や障害のある子猫と防ぐため

では、なぜ全体の8割も足長のマンチカンが生まれるのでしょうか?それはマンチカンの交配が関係しているからです。

短足同士のマンチカンを交配させれば、短足の子猫が生まれる確率が高まりますが、その分、奇形や障害をもった子猫が生まれるリスクも高まります。

そのような状況を避けるため、足長のマンチカンと短足のマンチカンを交配させることが一般的となっています。そのため、足長のマンチカンの特徴を受け継いだ足長のマンチカンの子猫が多く生まれています。

足長でもマンチカン!

足長のマンチカンは普通の猫と見た目がほぼ同じなため、「雑種猫と変わらないのでは?」を思われがちですが、そのようなことはありません。

足長のマンチカンも、マンチカン同士の交配から誕生しているので、足が長くてもマンチカンの血統書の登録をされている正式なマンチカンです。つまり、足が長くても雑種ではありません。

ただ、マンチカンの最大の特徴である短足をしていないので、見た目は雑種猫と同じように見えます。

足長マンチカンの特徴とは?

足長マンチカンは、足の長さが違うだけで、基本的に短足のマンチカンと同じです。

活発で遊ぶことが大好きで、甘えん坊な性格をしています。飼い主さんに甘えたり、ほかの動物と仲良くできる協調性もあります。

被毛の色も短足のマンチカンのようにバリエーションに富んでいます。

足長のマンチカンは短足のマンチカンよりも、かなり安い価格で扱われています。短足のマンチカンはおよそ15~40万円ですが、足長のマンチカンはおよそ5~15万円程度で購入することが可能です。

マンチカンの足の長さ

ラグハガーのマンチカン

MDavidova/shutterstock.com

マンチカンの足の長さは、全部で3種類に分類されています。

スタンダード(足長)

スタンダードは、3種類の中で一番足が長いタイプです。成猫になると、約10㎝ほどの長さになると言われています。

スーパーショート(中足)

スーパーショートは、ラグハガーとスタンダードの中間の長さのマンチカンです。

ラグハガー(短足)

ラグハガーは、最も足が短いタイプのマンチカンです。ラグ、つまり敷物にお腹がついてしまうほど短いという意味があります。

足の長さが短ければ短いほど、高価な値段で取引される傾向があります。

情報提供元:mofmo
記事名:「マンチカンは短足だけでなく足長も存在する?!足長が存在する理由とその特徴を紹介