歌が上手くなりたい!と思ったことはありますか?筆者は音楽をやっており、歌を歌う事でお金を貰う事もありますので、常日頃もっと上手くなりたいと思っています。しかし音楽をやっていなくとも、カラオケなどで歌を歌う機会というのはあるものです。そんな時に、今よりもうまく歌えるようになる方法をお伝えします。

方法1:口を大きく開けてハキハキ歌う

まず、歌を歌うという事を特別に捉える必要はありません。普通にいつもの通り声を出して歌えばそれでOKなのです。しかしまあ、どうせ歌うなら人が聞いて「上手いな」と思ってもらいたいですよね。歌が上手いの定義は沢山ありますが、第一に「音程を外さない」が絶対条件でしょう。


メチャクチャでかく口を開けてます。表情もエライ事になってます。

音を外さないで歌うコツは(歌いたい曲に対するメロディの音階の理解はもちろんのこと)、口を大きくハッキリと開けて歌う事です。大袈裟なくらいで良いです。口の形をしっかりとあ、い、う、え、おの母音が伸びるような形にすることで、音階にしっかりと声がのっかっているように感じられると思います。

方法1のイメージ:音階=階段を意識して歌う

メロディの音階にしっかりのっかる、と言われてもイメージがわかないという人は、階段をイメージしてみてください。ぼやけた口の形で出す音は「角が無い」ので、しっかりと階段の上に乗る事が出来ません。ハキハキと出した声は角張っているので、音階という階段の上にしっかりのっかることが出来ます。

方法2:のどを痛めないための歌い方=お腹から声を出す

ハッキリ声を出すと、どうしても大きな声になるのでのどを痛めてしまうという方がいます。かと言って小さめの声でバランスをとるのは難しいので声の大きさはそれでOKです。声の出し方がしっかりしていればそうそう一夜のカラオケ程度でのどが枯れる事は無くなります。

声の出し方としては「お腹から声を出す」のが良いです。有名なので聞いた事がある方も多いかもしれませんが、そのイメージがわからないという声も多いです。

方法2のイメージ:力を抜いて歌う+鼻から息を大きく吸い込む

よく歌唱法の本などで「腹式呼吸で声を出せ!」とか書いてあったりしますが、どういう事?ってなりますよね。そもそも呼吸と歌のどこが結びつくのかというイメージがわかなければ、腹式呼吸で歌うなんて無理な話。

というワケで、わからない方に伝えるために簡単な「お腹で歌うコツ」は「力を抜く」ことです。(上の写真もフルパワーで歌っているように見えますが、力が入っているのはお腹から下と顔だけです。胸から首にかけてはあまり力は入っていません。)

力を抜いて大声を出すのが難しい気がしますが、実はそんな事はありません。特に、胸から上は脱力してください。力を抜いて、鼻から息をいっぱい吸い込んで声を出してみてください。それが「お腹で歌う」です。

胸から上の力を抜いて、とにかくいっぱい息を吸い込んで、ハキハキ歌う。このコツを守るだけで必ず歌は上手くなります。是非試してみてください。バンドの中では実はボーカルよりもベースがモテる説もありますが、次回があれば、さらなる歌い方のコツをお伝えします!

画像掲載元:秒刊サンデー

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「現役シンガー直伝、簡単にカラオケが2倍上手くなる方法