今年も9月2日より販売が開始されたマクドナルドの「月見バーガー」、毎年これが発売されると秋の訪れを感じる方も多いのではないでしょうか。そんな月見バーガーが美味しいなんてことは皆さんおわかりだと思いますので、更に美味しくコスパ最強に再現してみることにしました。

月見バーガーを解剖してみました

まずはマクドナルドの店舗に到着。土日は混雑する店舗なのですが、平日の午後2時ごろなので落ち着いていました。

当然ですが、マックの店頭は月見バーガー推しといった感じ。

早速持ち帰って月見バーガーを解剖。パティとバンズの間にソースは入っていませんでした。

逆に卵とベーコン、バンズの間にはたっぷり塗ってあります。味付けは塩コショウとこのオーロラソースのみのようです。

それでは、コスパを考えつつ美味しく再現してみます!

まずは材料から。

材料(1個分)

・ゴマ付きバンズ 1個

・卵 1個  ・ベーコン 1枚

・パティ(マックのハンバーガー) 1個

・マヨネーズ、ケチャップ 大1

・塩、胡椒、レモン汁(またはお酢) 少々

まずはゴマ付きパンズ!本来は4つで160円程度ですが、今回は80円で購入。なんと1個あたり20円!!

ベーコンは少ししか使わないため、ハーフサイズを使用します。これも5枚入って98円。

次にメインとなる「月見」を作ります。フライパンにそのまま落とすとただの目玉焼きになってしまうので、100均グッズのクッキー型とパンケーキ型に入れて焼いていきます。

強火にするとあっという間に焦げるので、弱火~とろ火で蓋をしてじっくり仕上げていきます。

5分ほどでこの状態、型が熱くなっているので取り出し時は気を付けてくださいね。パンケーキ型の方は「す」が立ってしまったので、クッキー型の方を使うことにしました。

フライパンが空いたら、とろ火で2分ほどバンズの内側を焼きます。(後で述べますが、中火の方が美味しいです)

そして味の肝になるオーロラソース作り。ケチャップとマヨネーズ各大さじ1に、塩コショウ少々、レモン汁1滴だけ入れたら・・・

思いっきり混ぜます!混ぜます!!思いっきり混ぜると、どこかで見たような色になります。これでソースは出来上がりです!

パティは悩んだのですが、マクドナルドの「ハンバーガー」のパティをそのまま利用することにしました。理由はパティを自作するとコスパが悪くなることと、別の既製品のパティでは再現度が下がりそうな気がしたためです。

バンズ下→パティ→卵→オーロラソース→ベーコン→オーロラソース→オーロラソースを塗ったバンズ上の順に重ねたら完成です!!

こちら、どうですか!!見た目完璧!!ウマそうでしょう?

本物(左)と並べても見劣りしないどころか、勝っちゃってるかも!?(個人の感想です)

ちなみに再現にかかった金額は、バンズ20円(通常40円)、パティ110円(ハンバーガー)、卵10円、ソース10円、ベーコン20円の合計160円(税抜き)で本家越え(?)再現出来ました!ハンバーガーのバンズをそのまま使うと、更にコスパがいいですよ!

なんちゃって「月見バーガー」を実食!

それでは、再現した方の「月見バーガー」を実食してみましょう!いっただきまーす!!・・・うん、本物よりも味は優しいんだけど、バンズがふわっとして卵もプリプリ、ベーコンもジューシー!そしてオーロラソースも酸味と旨味が一気に広がってかなりウマい!これはかなりの再現度だと胸を張って言い切れます!食べたことがない人なら余裕で騙せるかも?

もう少しバンズとベーコンを香ばしく焼くと、更に再現度がアップしそうです。バンズとベーコンは香ばしく焼き目が付くまで焼きましょう!

そしてもう一つ!パティを分厚く豪華にした「ネオ・月見バーガー」も試作してみました。ベーコン2枚の豪華版!

そりゃ間違いなくウマい!ウマいんだけど・・・何かが違う・・・やっぱりマクドナルドのハンバーガーには、マクドナルドのパティが合っているのかも知れません。なんというかジャンクっぽいあのパティが。

と、いうわけで2020年も無事販売されたマクドナルドの「月見バーガー」を出来るだけ美味しく再現してみました。今回もおいしく出来ました、ごちそうさまでしたー!!・・・あ、ちょい足ししようと思ってたとろけるチーズを放置してしまった、無念。

毎年ノーマル「月見バーガー」と一緒に多種多様な亜種が出ています。筆者が史上最強の「月見系バーガー」だと思ったのがこちらのハンバーガーでした。また食べたいので再販してくれないかな。

source:マクドナルド公式ホームページ

画像掲載元:SS.ナオキ

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「マクドナルド新作、月見バーガーを自宅で完全再現する方法